編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

富士通、オフコンOS「ASP」資産が稼働するIaaSを提供へ

NO BUDGET

2014-03-26 10:56

 富士通は3月25日、オフコンのハードウェアリソースをクラウド化し、IaaS形態で提供する「FUJITSU Cloud オフコンサービス」を4月14日から提供すると発表した。税別価格は基本サービスが月額3万5000円から。

 今回のオフコンサービスは、富士通のデータセンターにオフコンOS「FUJITSU Software ASP」が動作する環境を配備し、そのシステムリソースをネットワーク経由で利用する。ASPをはじめ関連ソフトウェア、アプリケーションが従来環境のオフコン「FUJITSU Server PRIMERGY 6000」同様に動作する環境を提供するので、確実な資産の維持や継承が可能になるとしている。

 オフコンサービスには、ユーザー企業ごとに仮想サーバを割り当て、既存のオンプレミス環境のシステム規模に応じたCPUやメモリ、ディスクなどのリソースを提供する「オフコンインフラ基本サービス」に加え、業務量やデータ量の増減に応じてリソースを増減できるオプション「オフコンインフラ拡張サービス」、オンプレミス環境からの移行を短期間、確実に実施する「オフコン資産移行サービス」、オフコンサービスでの運用を支援する「オフコンプラットフォーム運用支援サービス」といった関連サービスも提供される。ユーザー企業の仮想サーバから取引先システムに対し、全銀やJCAなどの通信制御手順で接続するサービスも提供する。

 長年、多くの企業が利用してきたオフコンについては、ユーザー企業が持つ情報資産の確実な維持、継承が求められており、近年では運用負荷軽減や事業継続性強化の観点からクラウド化の需要も高まっていた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]