編集部からのお知らせ
新着記事まとめは「AIトレンド」
推奨:「NTT再編」関連の記事まとめPDF

IIJ GIOにオフコンOS「IBM i」のIaaS--AS/400の資産をクラウドに移行可能

田中好伸 (編集部)

2013-08-19 16:09

 IIJグローバルソリューションズは8月19日、クラウドサービス「IIJ GIOサービス」にIaaS「IIJ GIO Power-iサービス」を追加した。CPUの性能ごとに5つのメニューが用意されている。初期費用は15万円から、月額費用は7万5000円から。9月24日から提供する。

 IIJ GIO Power-iサービスは日本IBMの垂直統合型システム「IBM PureFlex System」を基盤にしてオフコンOS「IBM i」(旧AS/400)を実装したクラウドサービス。ユーザー企業は必要な規模の仮想サーバと接続用のネットワークをメニューから選択するだけで、自社の業務規模やニーズにあった適切なシステム環境を、資産を保有せずに低コストで利用できると説明している。

 IBM iはAS/400の時代から業務システム環境として定評があり、現在でも多くの企業に利用されている。一方でシステム管理者の後継者不足などの課題がある。加えて、運用負荷の軽減や事業継続計画(BCP)対策を目的に、クラウドに移行したいという需要も高まっているという。


IIJ GIO Power-iサービスの利用イメージ(提供:IIJ)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

  2. セキュリティ

    なぜランサムウェアはこれほどまでに対策が難しいのか?その理由と有効な対策アプローチを考える

  3. セキュリティ

    改正個人情報保護法や最新の脅威動向などに対応するためのセキュリティ戦略のポイントとは

  4. セキュリティ

    Azure Sentinelで実現するサイバーハイジーン

  5. ビジネスアプリケーション

    ETLツールでデータを統合し活用するための3要素、「民主化」への最適解

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]