編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IIJ GIOに運用管理サービス--クラウドとオンプレミスを一元管理

田中好伸 (編集部)

2012-10-10 14:04

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は10月10日、「IIJ GIO統合運用管理サービス」を10月15日から提供すると発表した。クラウドサービスやユーザー企業が運用するオンプレミスのシステムを監視、運用する。

 対象となるのはIIJ GIOとオンプレミスのシステムであり、両方を一元的に監視、運用する。ユーザー企業に代わって、システムの稼働や使用状況を監視し、障害検知時の通知から、原因調査、障害復旧までを担う。小規模システムの簡易的な監視から大規模システムの障害復旧まで、対象と範囲をきめ細かく選択できる。提供されるサービスは監視、運用、プライベート接続の3種類に分けられる。

 監視サービスは、IIJの監視システムからユーザー企業のシステムを24時間365日体制で監視する。機器の稼働状況や使用率などを監視して、異常検知時には通知する。監視機能をSaaSとして利用できることから、監視の設定をユーザー企業が即時に変更できる。

 運用サービスはユーザー企業のシステムを24時間365日体制で運用する。アラート検知時の電話連絡、標準手順書でのオペレーション、サーバプロセスの起動などを実施する。ユーザー企業個別手順の実施、障害調査、復旧対応も可能だ。専用のポータルサイト上で定型作業の申請や月次での報告書の閲覧もできる。

 プライベート接続サービスは、IIJの監視システムネットワークと、IIJが運営するデータセンター内もしくはユーザー企業の施設内にあるシステムをプライベートで接続する。ユーザー企業が保有するIPアドレスの持ち込みや冗長化接続にも対応できる。ユーザー企業の施設内のシステムと接続する場合には、別途回線サービスも利用可能だ。

品目仕様初期費用月額費用
監視サービス
簡易監視監視(Ping、指定ポート、EZURL、URL階層)ゼロ円10ポイント
4000円~
標準監視監視(SNMP、コマンド、サービス、セキュリティ、ログ、リソース、パフォーマンス)などゼロ円30ポイント
1万5000円~
運用サービス
標準運用標準手順を実施ゼロ円1ノード
4000円~
拡張運用ユーザー企業の要件に応じた個別操作、障害調査、復旧対応ゼロ円1ノード
2万9800円~
プライベート接続サービス
標準リンクIIJ指定データセンター内のユーザー企業ラックにケーブル出し1接続
5万8500円
1接続
6000円
拡張リンクIIJ指定データセンター内のユーザー企業ラック内に接続機器を設置1接続
16万9000円~
1接続
1万9500円~
リモート標準リンクユーザー企業の施設内に回線終端装置を設置個別見積もり個別見積もり
リモート拡張リンクユーザー企業の施設内に接続機器を設置

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]