IIJ GIOコンポーネントでDBも提供--ライセンスなしでもOracleを月額で利用

田中好伸 (編集部)

2012-05-31 14:15

 インターネットイニシアティブ(IIJ)はIIJ GIOサービスのラインアップを拡充、クラウドでデータベース(DB)を使える「IIJ GIOコンポーネントサービス データベースアドオン」を7月から提供する。「Oracle Database」と「MySQL」を提供する。

 今回のデータベースアドオンで提供されるOracle DBは、各種エディションやオプションをライセンスを含めて月額で利用できる。ユーザー企業がソフトウェアライセンスを購入する必要がない。国内の事業者としては初という。監視など必要な運用が含まれたDB環境を月額13万円から利用できる。最低1カ月からの契約となる。

 閉域網かインターネットVPN経由で、ユーザー企業内のシステムとデータベースアドオンを接続できる。IIJ GIOの仮想サーバ群とも接続可能。メモリサイズや同時接続数などに応じて複数のメニューを用意して、検索負荷の増加にも柔軟に対応できる。ディスク容量は50Gバイト単位で最大500Gバイトまで拡張可能。Oracle DBのオプションと組み合わせて、企業の異なる要件に応じたDBシステムを構築できる。

 ストレージはFC-SANで構成。契約にはテクニカルサポートの2チケットが含まれている。提供されるOracle DBはStandard Edition(SE)かEnterprise Edition(EE)を選ぶことができる。Oracle DBのEEでは、「Partitioning」「Advanced Security」「Advanced Compression」のオプションを利用できる。

 サーバ、ディスク、ネットワークは物理的に冗長化されており、可用性は保証されているという。24時間365日体制で監視、障害対応の体制となっており、データは日次でバックアップされる。DBは仮想ネットワークで分断されていることから、ほかのシステムにデータが漏えいすることはないと、安全性を強調している。

Oracle DB
品目契約単位仕様
グレードメモリ(GB)同時接続
Oracle DB
インスタンス
SE/EE
1インスタンスType E22
Type D44
Type C88
ディスク拡張50GB最大500GBまで
保守サポート追加1チケット
MySQL
品目契約単位仕様
グレードメモリ(GB)同時接続
MySQLインスタンス/CE1インスタンスType E22
Type D44
Type C88
ディスク拡張50GB最大500GBまで
保守サポート追加1チケット

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. ビジネスアプリケーション

    きちんと理解できていますか?いまさら聞けないインボイス制度の教科書

  3. 運用管理

    AWS、GCP、Azureを中心としたクラウドネイティブ環境における5つのセキュリティ強化策

  4. セキュリティ

    マンガでわかる―Webサイトからの情報搾取を狙うサイバー攻撃「SQLインジェクション」、どう防ぐ?

  5. セキュリティ

    緊急事態発生時にセキュリティを維持するための8つの戦略と危機管理計画チェックリスト

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]