編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

XPサポート終了と消費増税でPC販売急増--駆け込み需要は3月末まで続く

山田竜司 (編集部)

2014-03-27 16:14

 ジーエフケーマーケティングサービスジャパン(GfK)は3月26日、Windows XPサポート終了直前期のPC市場の販売動向を発表した。4月9日のサポート終了を控え、「PC販売が活気づいている」と表現している。

 特に利用率が高い法人向け(BtoB)市場は盛り上がりを見せ、2013年初めから刷新需要で好調に推移していた販売台数は、2013年10月以降は前年比約5割増で推移、2014年に入り勢いが増しているという。


PC対前年成長率(GfK提供)

 GfKが2013年6月に実施したIT担当者向け調査ではXPの対策完了時期を2014年1~3月とする回答が最多であり、それが実際の販売動向にも表れている。調査では完了時期を4月以降とする回答も見られることから、サポート終了後もXPの刷新需要が緩やかに続くと見込んでいる。

 

 個人向け(BtoC)市場はタブレット端末やスマートフォンの普及に押され2013年は2ケタ減と落ち込んでいたが2014年1月にはプラスに転じ、2月の数量も前年比7%増と成長を維持したとした。BtoC市場の動きがBtoB市場に比べ緩やかである要因として、XPの利用率がBtoB市場ほど高くないことを挙げた。

 XPは個人向けには2001~2008年に販売されていた。GfKは個人のPCの買い替えサイクルが約5.6年というデータを挙げ、既に買い換えられていることが多いと予測した。


家電量販店対前年成長率(GfK提供)

 BtoC市場もこの3月に入り需要が急拡大しているという。家電量販店でのPCの販売動向では、2月後半からは週ごとに伸長、3連休を含む3月17日週(3月17~23日)では数量前年比86%増、金額前年比119%増を記録した。

 同週の販売は、数量、金額ともにPCの販売ピークである年末年始商戦の2013年12月30日から1月5日を上回ったとしている。XPのサポート終了に加え、4月の消費増税が迫ったことが販売を押し上げていると解説した。

 他の家電製品でも消費増税前の駆け込みが見られるが、それらと比較してPCは3月への集中が顕著という。PCは年3~4回新製品が発表されるなど製品サイクルが早く、1~3月にも各メーカーから新製品が発売されるため、購入を期限直前まで待つ傾向にあるとした。PCの駆け込み需要は3月末まで高い状態が続くと予想している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

お勧めコンテンツ PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]