編集部からのお知らせ
新着・電子インボイスの記事まとめ
記事まとめDL:オンライン確認「eKYC」

りそな、3万台のPCをXPからWindows 8に--新機能でセキュリテイ強化

山田竜司 (編集部)

2014-04-02 17:56

 りそな銀行などを展開するりそなホールディングスは、グループ内のOA端末3万台を、Windows 8とMicrosoft Office 2013に移行した。日本マイクロソフトが4月2日に発表した。

 りそな銀行、埼玉りそな銀行、近畿大阪銀行などを展開するりそなホールディングスは、これまでグループ内の端末で利用してきたWindows XPとMicrosoft Office 2003が4月9日に両製品ともサポートを終了するため、この2月末に約3万台の端末移行を実施した。3万台の移行規模は国内最大という。

 Windows 7ではなく、Windows 8への移行を決断した理由として、チャレンジに対して前向きな社内風土のほか、1つのOSをなるべく長く使用し、コストを抑えるというねらいや、Windows 8の標準機能による運用コスト削減、起動スピードなど使い勝手のよさを挙げた。

 移行に際し、約半数は新しいPCを購入したのに対し、利用開始から2年程度のPCはそのままアップグレードし、コストを削減した。さらにWindows 8 Enterpriseに搭載された、PCのドライブ暗号化技術「BitLocker」の活用により、より強固なセキュリティ環境を構築したという。

 2013年4~8月に、業務アプリケーションを主に仮想化して移行し、Windows 8のポリシー設計やシステム管理ソフトの「Microsoft System Center 2012 Configuration Manager」(SCCM)の環境を構築し、営業店2カ店でのテスト導入後、8月より全営業店および本社端末を順次移行し、この2月末に約3万台の移行を実施した。

 Windows 8への移行と同時に、SCCMとセキュリティ対策製品「Microsoft System Center 2012 Endpoint Protection」(SCEP)を採用し、SCCMを使ってリモートから無人でインストールできるようにした。これにより大規模なアップグレードを短期間で実現し、移行完了後もPCの監視や、ソフトやパッチの配布、セキュリティ対策などクライアント環境の管理を、低コストで実現しているという。

 現在は、メインフレームを利用しているシステムをWindows Serverに移行させるプロジェクトを実施中という。今後、USBメモリなどにWindows 8やアプリケーションをインストールし、外へ持ち運べる機能の「Windows To Go」の活用やタブレットを利用した営業力の強化、生産性と収益力の向上などを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    マンガでわかる「ルール駆動開発」レガシーモダナイズを成功させる開発手法を基礎から理解する

  2. 経営

    5分でわかる、レポート作成の心得!成果至上主義のせっかちな上司も納得のレポートとは

  3. セキュリティ

    APIエコシステムを狙うサイバー攻撃が急増、Webアプリにおける最新のAPIセキュリティ対策とは?

  4. セキュリティ

    クラウドやコンテナ利用が増える中、世界の企業が利用するAPI経由の安全なアプリ構築手法とは?

  5. マーケティング

    ウェビナーによる営業活動が本格化、顧客接点が増加する一方で見えてきたハードルと解決策とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]