編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

買い替え進む--Windows XP搭載PC、6月末で6.6%の241万台:IDC調査

山田竜司 (編集部)

2014-04-07 12:35

 IDC Japanは4月7日、現場で利用可能なWindows XP搭載PCの稼働台数実績と予測を発表した。2013年12月末でのWindows XP搭載PCの法人稼働台数は、全体の17.1%となる617万台になったという。

 2013年10月時点では、XP搭載PCは2013年12月末で法人の全PC稼働台数の20.2%にあたる724万台と予測した。だが、買い替えキャンペーンなどで予測より107万台早く買い替えが進み、17.1%の617万台となった。Windows XPからの買い替えは、2014年に入ってから順調であり、6月末には法人の全PC稼働台数の6.6%、241万台にまで減少すると予測する。

 家庭市場でも、買い替えは順調に進んでおり、Windows XP搭載PCの稼働台数は、2013年12月末時点で家庭市場の全PC稼働台数の14.8%にあたる610万台となり、この6月末には8.7%の351万台になるとした。

 IDCは「Windows XPからの買い替えは法人と家庭の両市場ともに順調だが、犯罪者たちは4月9日以降を待ちかまえている可能性が高い」と指摘している。


2012年4月~2017年9月の国内クライントPC法人市場におけるOS別稼働台数の予測

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]