編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」
アジアのIT

アップルとマイクロソフト、長いOS安定期の終わり

Stefan Hammond Enterprise Innovation日本版

2014-04-04 07:30

 4月8日をもって、MicrosoftのWindows XPはサポートを終了する。一方、Appleの「Snow Leopard」(OS X 10.6)はすでにサポートを終了しており、今後、Snow Leopard向けのパッチは提供されない。

 個人ユーザーや企業は、この状況とその意味するところを理解する必要がある。重要な役割を果たすOSには、セキュリティの脆弱性に対応するパッチが定期的に提供される。しかし、サポートが終了したOSに対してはパッチは提供されない。現在のセキュリティ環境を考えれば、使用しているデスクトップやラップトップのOSには、定期的なセキュリティ監視やパッチの配付が不可欠だ。

ユキヒョウは洞穴へ

 AppleのOS X 10.6は、依然として広く利用されている。2009年8月28日に発売された10.6は、多くのMacユーザーの間で、後継OS Xバージョンよりも高い評価を誇る。

 現行(および最終)バージョンは、2011年中頃にリリースされた10.6.8。「32 bitIntel Core Solo」と「Intel Core Duo CPU」をサポートする最後のOS Xだ。テクノロジは急速に進化する。Intelの新型チップがMacに搭載された現在、Appleは最新OSのMavericks (最新バージョンは10.9.2) を提供している。 最後の「ビッグキャット」OS、「Lion」および「Mountain Lion」のサポートは継続されているが、Snow Leopardは、生まれた洞穴に送り返された形だ。

 このことは、何を意味しているのだろうか。まず、10.6.8を使用し続けること自体は可能だ。特定のハードウェアに依存しているユーザーにとっては、その方が都合が良いと思えるかもしれない。しかし、10.6.8を使用する場合は「密封」が必要になる。つまり、インターネットに接続してはいけない。

 驚くかもしれないが、コンピューターはネット接続なしでも使用できる。コンピューターには「常時接続」が必須、という考えは正しくない。古いMacであっても、すぐれたマルチメディアセンターやワードプロセッサ、ストレージハブの役割を果たせる。実際のところ、インターネットが普及する前から、PCはこうした機能のほとんどを持っていた(若いユーザーは当惑するかもしれないが、これは事実だ)。

 AppleのOS Xに関する最新のセキュリティ問題を考えると、Snow Leopardを搭載したMacは、ネットから切り離しておくのが望ましい。Appleは、この状況についてはっきりとした情報を提供せず、Snow Leopardのサポート終了についても告知していない。企業ユーザーなら、新しいハードウェアの購入を余儀なくされても、OSをアップグレードするべきだ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]