サポート終了後にWindows XPを使い続けるリスク--ガートナー解説

山田竜司 (編集部) 2014年04月08日 14時38分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 日本時間の4月9日にMicrosoftによるWindows XPのサポートが終了する。サポート終了後もWindows XPを使用し続けた場合、企業や組織にどのような影響があるのか。Gartnerが以下の質問形式で解説している。

――改めて、Windows XPのサポート終了に関する問題は何か教えてください。

 Windows XPのサポート終了に伴い、セキュリティに対する攻撃の数も重大さも高まり、企業や組織は増大するリスクにさらされることになります。また、Microsoftによるサポートを継続させるには、高額なカスタムサポート契約が必要となります。

――現在もWindows XPを使用している企業や組織の数はどれくらいですか。

 非常に多いです。実際のところ、何らかの形でWindows XPを残している組織はすべてと言ってもいいでしょう。たとえば病院などでは、現在もWindows 95が数多く使われています。グローバル全体で、サポート終了後もWindows XPを使用するシステムの割合は20~25%に上ります。国内でもサポート終了後に20%以上の企業は、主流のOSとしてWindows XPを利用すると見ています。

――サポート終了後もWindows XPを使い続けた場合、システムのセキュリティリスクが高まりますが、Windows XPを使用している企業はどのように対処すべきでしょうか。

 これにはさまざまな対策がありますが、代表的なもの以下3つが挙げられます。

  1. できるだけ速やかにWindows XPの使用を中止するプランを立てる
  2. XPマシンを使用するユーザーの利用制限を厳格化し、ホワイトリスト方式などのツールを採用し、Windows XPマシンで問題ないことが分かっている既知のアプリケーション以外アプリケーション以外は実行しないようにする。XPマシンからのネット接続とメールの利用を最小限にする。
  3. 基幹アプリケーションとユーザーをサーバベースのコンピューティング環境へ移行させること。ライセンスやコスト、キャパシティの問題でユーザーやアプリケーションを移行できない場合は、緊急時に備えて、サーバへアクセスできるようにアプリケーションをインストールする

――サポート終了後もWindows XPを使い続けた場合、その他にどのようなリスクがありますか。

 たとえWindows XPを使用していない企業や組織であっても、誰かがパッチの当てられていないWindows XPマシンをネットワークに接続すると、セキュリティ上の問題が発生する恐れがあります。

――Windows XPの使用を中止する場合、Windowsの後継バージョンや他のOSへの移行を開始する前に決めておくべきことや対処しておくべき問題はありますか。

 現在ほとんどのアプリケーションはWindows 7をサポートしています(中にはWindows 7をサポートしていない古いアプリケーションやバージョンを使用している企業があるかもしれません)。このため、アプリケーションテストが重要で、Windows 7とWindows 8のどちらに移行するのかを決定しなければなりません。

 市場におけるアプリケーションサポートを考慮すると時間的にはWindows 7への移行の方が早いと思われますが、Windows 7のサポートは今から6年ほどであり、2020年1月に終了することも考慮しなければいけません。

 また、サポート終了までの期間ということでは当然ながら、Windows 8への移行の方がより長期性があります。いまだにWindows XPからの移行を済ませていない企業や組織は、Windows 7のサポート終了時に今回と同じ状況に陥らないようにしなければなりません。多くの企業や組織にとって最良のオプションは、主要なユーザーとアプリケーションを直ちにWindows 7へ移行し、2015年以降はWindows 8あるいはその後継OSへの移行を進められるように準備を整えることでしょう。

――Windows XPの利用に関する日本企業向けのアドバイスはありますか。

 日本国内でも、サポート終了後に多くの企業がWindows XPを利用し続け、セキュリティリスクにさらされることになります。移行に着手していない企業はクライアント環境の最優先プロジェクトとして、後継OSへの移行を推進すべきです。サポート終了後もWindows XPが残る企業は、セキュリティ対策や代替策を早急に検討し、対策を実施する必要があります。

 ただし、今後Windows XPのシステムは今後明らかに衰退していき、万能なセキュリティ対策は難しいことから、特に重要と位置づけられるシステムについては、1年以内をめどに、移行プロジェクトを完了させることを目標とすることを推奨します。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算