編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

国内PaaS市場、60%増--シェアトップはセールスフォース:IDC調査

山田竜司 (編集部)

2014-04-14 14:49

 IDC Japanは4月14日、国内PaaS市場の2013年上半期の分析結果を発表した。 市場規模は前年同期比56.7%増の128億1800万円。セグメント別では「DBaaS(Database as a Service)」市場が55億4800万円、「APaaS(Application Platform as a Service)」市場が61億7000万円と、この2つのセグメントがPaaS市場全体の90%以上を占めた。

 IDCではPaaS市場をDBaaSとAPaaSのほかに「BPMaaS(Business Process Management as a Service)」 「IPaaS(Integration Platform as a Service)」の4つに分類している。

 2013年上半期のPaaS市場のベンダーシェアはセールスフォース・ドットコムが1位、アマゾンが2位だった。セールスフォース・ドットコムはSaaS事業、アマゾンはIaaS事業で作り上げたユーザー基盤を持つ。3位のマイクロソフト、4位のグーグルもサービスラインアップを拡充し、成長した。


2012年上半期~2013年上半期 国内PaaS市場 セグメント別 売上額実績(IDC提供)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]