編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日本IBM、3D CADやCG向けVDI検証センター--ワークステーション仮想化を支援

NO BUDGET

2014-04-22 16:52

 日本IBMは4月22日、箱崎本社内にワークステーション仮想化の導入検証を支援する「IBM System x CAD on VDI検証センター」の開設を発表した。パートナー各社とともにユーザー企業の3D CADやCG領域を中心とする仮想デスクトップ環境(VDI)の導入検討を支援する。

 3D CADやCGといったグラフィックス処理を伴う用途でのVDI構築では、GPU仮想化技術、対象となるアプリケーションやデータの違いによる描画性能の違いなどを検証する必要がある。

 IBMは2年前の知見を活かして、VDI検証センターを開設。パートナー企業と連携して顧客のCAD on VDIの検証と円滑な導入を支援する。検証センターには、x86サーバの「IBM System x iDataPlex」や「IBM NeXtScale System」を常設。最新のハードウェア環境で高い性能要件を満たすVDI環境を検証できるという。

 同日に発表した「IBM NeXtScale PCIe NeX(Native eXpansion)トレイ」を利用し、NeXtScale SystemにGRID GPUなどの並列処理アクセラレータを搭載できる。標準的なラック型2Uサーバと比較して2倍のNVIDIA GRID GPUボードを搭載でき、1Uあたりの仮想マシンの数を2倍に増やせる。検証センターには、このGRID GPUボードを搭載するNeXtScale Systemも配備する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]