PTC、CADソフトウェア「Creo」を仮想化対応へ

鈴木恭子

2013-06-14 15:45

 PLM(製品ライフサイクル)ソフトウェアを提供する米PTCは米国時間の6月10日、同社のCAD(設計支援)ソフトウェアである「Creo」が仮想化環境に対応したと発表した。同社の製品で仮想化環境に対応したのは、今回が初めてとなる。

CAD担当上級副社長を務めるマイケル・キャンベル(Michael M. Campbell)氏
CAD担当上級副社長を務めるマイケル・キャンベル(Michael M. Campbell)氏

 同社でCAD担当上級副社長を務めるMichael M. Campbell(マイケル・キャンベル)氏は、「従来は個々のマシンにインストールしていたCADアプリを、中央サーバで一元管理できるようになった。これにより知的財産の保護を強化するとともに、アプリの配布と展開に要していた手間とコストも大幅に削減できる」と語っている。

 今回仮想化対応となったのは、「Creo Parametric」「Creo Direct」「Creo Layout」「Creo Options Modeler」「Creo Simulate」の5種類で、バージョン「Creo 2.0 M60」より可能となる。同バージョンは、2013年6月末にリリースされる予定だという。

 対応する仮想環境は、サーバがIBMの「iDataPlex dx360 M4」、仮想プラットフォームがCitrixの「XenServer」「XenDesktop」「HDX 3D」、グラフィックカードがNVIDIAの「GRID k2」という組み合わせである。また、Citrixの「Receiver」とNVIDIAの「Grid vGPU」を利用すれば、iOSやAndroid OSを搭載したモバイルデバイスからでも利用可能になる。

対応する仮想環境要件
対応する仮想環境要件

 Campbell氏は、「以前より知的財産保護の観点から、仮想環境対応への要望はあった。今回、Creoの主要5製品が『Citrix Ready』に認定されたことで、顧客は知的財産を安全に保護できる。さらに、社外の設計パートナーが、Windows搭載マシンを利用しなければならないといった制約もなくなった」とそのメリットを強調した。

 ライセンスは、グローバルライセンスとサーバライセンスが適用される予定だが、ライセンス体系および価格については未定。将来的にはvMWareやHyper-V上にも対応する予定だという。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]