マイクロソフト、「Azure ExpressRoute」の正式提供を開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNET.com) 翻訳校正: 編集部

2014-05-13 13:46

 Microsoftは米国時間5月12日、同社の「Azure ExpressRoute」ネットワーキング技術を企業ユーザー向けに広く利用可能にした。

 Microsoftは、Azure ExpressRouteを同社のハイブリッドクラウド戦略の鍵と位置付けている。同社の関係者らは、5月12日からテキサス州ヒューストンで開催されているTechEd 2014の皮切りとなる基調講演でExpressRouteが広く利用できるようになったと発表した。


 ExpressRoute(開発コード名:「Golden Gate」)はインターネットを使用せずに、プライベートかつ専用のネットワーク接続をユーザーに提供するものだ。Microsoftは米国においてAT&TやVerizon、BT、Level 3、Equinix、Telecityといった通信事業者や、SaaSプロバイダーのZadaraと提携してExpressRouteを提供することになる。

 Microsoftの関係者らは、インターネットを使用せず、これら商用ネットワーク経由での接続を提供することで、ExpressRouteはよりセキュアで高速、高信頼性、低レイテンシな接続という選択肢をユーザーに提供すると述べた。

 同社の関係者らはExpressRouteを大企業顧客向けのハイブリッドネットワーキングサービスだと位置付けている。なお同社は、クラウドとオンプレミスのネットワークを組み合わせたハイブリッドネットワークを必要とする中小企業に向けて「Azure Virtual Network」(開発コード名:「Brooklyn」)というサービスを提供している。Azure Virtual Networkによって、ユーザーはAzure内に隔離されたプライベートネットワークを構築したうえで、それらをオンプレミスのデータセンターの拡張として取り扱えるようになる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]