クライアント仮想化、8割が管理工数減少--ワークスタイル柔軟に:IDC調査

山田竜司 (編集部)

2014-05-30 07:30

 IDC Japanは5月29日、2月に実施した「2014年 国内クライアント仮想化導入効果に関する実態調査」の結果を発表した。クライアント仮想化は管理業務の効率化やセキュリティ対策の向上に加え、総所有コスト(TCO)、事業継続計画(BCP)、節電効果などで導入効果が高く、ワークスタイルが柔軟になるという結果が出た。

 クライアント仮想化を導入した方が未導入よりも、場所や端末にとらわれないワークスタイルを選択しており、PC持ち出しは28.4ポイント、在宅勤務は32.5ポイント、私物端末の業務利用(BYOD)は36.0ポイント高かった。

 クライアント仮想化の導入で80.6%がクライアント端末の管理業務工数が減少させたという。減少した業務は、IT戦略の規格(11.3%)や自社用システムやサービスの開発(14.9%)などの業務に転換した。

 レポートは、情報システム部門を対象に、クライアント仮想化技術の導入効果を調査した。


N=691(国内企業 ワークスタイル拡大の各用途の実施率)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]