編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

月例パッチ適用後に「Office 2013」の「Click-to-Run」に不具合--一部ユーザーが報告

Larry Seltzer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-06-16 14:52

 Microsoftは、6月の月例パッチ適用後に「Office 2013」の「Click-to-Run」(クイック実行)が正常に機能しなくなる不具合が一部のユーザーに発生していることを認めた。この不具合の影響を受けているのは「Microsoftのユーザーベースの1%未満」と同社は述べている。

 Microsoftは米国時間6月10日、Office 2013向けにセキュリティと無関係のアップデートを多数リリースした。

 Click-to-Runはストリーミングおよび仮想化テクノロジであり、現行バージョンのOfficeがローカルのコンピュータに完全にインストールされていなくても、それを利用することを可能にする。コードは必要に応じてMicrosoftのサーバからストリーミングされるため、ユーザーはOfficeプログラム群が完全にインストールされる前にそれらを迅速に実行することが可能だ。

 Officeチームはフィックスの開発に取り組んでいる。それが完成するまでの間、アップデート適用後にClick-to-Runを使ってOffice 2013を起動できなくなったユーザーのために、同社はまずこの「Fix it」を使ってOffice 2013をアンインストールすることを推奨している。ユーザーはその後、「My Accounts」ページからOfficeを再インストールする必要がある。ビジネス環境では、管理者がこの作業を行う必要があるかもしれない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]