企業間のデータ連携を促す--経産省の評議会が発足

山田竜司 (編集部) 2014年06月24日 12時12分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 経済産業省は6月20日、「データ駆動型(ドリブン)イノベーション創出戦略協議会」の第1回を開催した。データ駆動型イノベーション創出戦略協議会は、経済産業省が企業の壁を越えてデータを共有、活用し付加価値を生むための取り組みだ。商務情報政策局情報経済課長の佐脇紀代志氏は、ソーシャルメディアやスマートフォンなどに組み込まれたセンサの価格が下がったことにより、非常に多くのデータを安価に獲得できるようになってきていることなど環境の変化を説明した。

 一方、異業種や企業の壁を越えたデータの共有による新たな企業連携や、産業の創出は限定的だと指摘した。この理由として「市場に存在するデータが分散しており、最適なデータに出会いにくい」「パーソナルデータの利用には、消費者の不安を持つ傾向にある」「異分野でのデータ共有や連携のリスクとリターンが読めず、経営者はデータ活用に消極的になりやすい」などを挙げた。

 会を通じ、情報交換、ビジネスマッチング、課題解決などを進める。会にはアドバイザーとして国立情報学研究所の所長の喜連川優氏や慶応義塾大学の國領二郎氏、村井純氏などが就任する。

 今回の評議会ではデータ事業者や企業間データを連携させるための取り組みなどを紹介した。すでに数十の企業が加盟するデータエクスチェンジコンソーシアムは「データはさまざまな業種、企業間で連携してこそ価値を持つ」と説明した。

 いわゆるデータサイエンティストを育成する一般社団法人「データサイエンティスト協会」で代表理事を務めるブレインパッドの草野隆史氏は「データサイエンティストという職業の要件が定まっておらず、雇用の際にスキルのミスマッチが発生している」と指摘。データサイエンティストの定義を定めるとしている。

 日経BPが創刊した雑誌「日経ビッグデータ」はユーザーが「新規事業を創世するためにデータを集めている」という調査結果を紹介し、経産省の取り組みの整合性を示した。このほか、データを使ったビジネスをユーザー視点でコンサルティングするネットイヤーや、ソーシャルメディアを分析する事業を営むホットリンクなどの取り組みを紹介した。

 データ駆動型イノベーション創出戦略協議会は8月頃まで継続的に協議会を開催し、夏頃をめどに確定したビジョンを発表する予定だ。佐脇氏は「われわれは企業間では交流しにくい企業間のデータ活用を促す。事業者同士のマッチングのほか、アジアも含めた、データの交流基盤を造るためを場所を提供したい」とビジョンを語った。


データ駆動型(ドリブン)イノベーション創出戦略協議会の目指す姿
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化