「Heartbleed」バグ、30万台のサーバが今も無防備

Charlie Osborne (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2014年06月24日 10時46分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 「Heartbleed」バグが発見されてから2カ月が経過したが、依然として、少なくとも30万台のサーバがこのバグに対して無防備な状態にある。

 Googleのエンジニアが発見したHeartbleedは広範なパニックを引き起こし、世界中の企業が猛烈な勢いでサーバにパッチを適用した。このセキュリティバグは「OpenSSL」に影響を及ぼし、悪用された場合、アカウントログイン情報やパスワードが盗み出されるおそれがある。しかし、このバグがほかと異なるのは、膨大な数のウェブサイトが使用するオープンソースプロジェクトのOpenSSLフレームワークに内在しているということだ。そのため、ウェブ上のおびただしい数のサーバが危険にさらされてしまった。

 Heartbleedの存在が公表された後、Errata Securityのセキュリティ研究者であるRobert David Graham氏は、約60万台のサーバがこのセキュリティ脆弱性に対して無防備な状態にあることを発見した。その1カ月後、これらのサーバの半数はパッチ適用により、Heartbleedの脅威から保護された状態になっていた。無防備なサーバはわずか31万8239台だった。

 しかし、Heartbleedの発見から2カ月が経った今、30万9197台のサーバが依然として無防備な状態にある。この1カ月、新たにパッチが適用されたサーバはわずか9042台だったので、パッチ適用率のパーセンテージは2桁から1桁に急落した。

 パッチ適用が停滞している現在の状況は、人々がシステムへのパッチ適用を試みることさえ止めてしまったことを意味している、とGraham氏は述べた。同氏によると、古いサーバが置き換えられるにしたがって、無防備なシステムは「徐々に減少」していくはずだという。しかし、大手企業数千社が自社のウェブサイトにセキュリティ対策を施した今、まだそれを実行していない小規模企業が追随する可能性は低い。

 「ただし、今から10年後も数千台のシステムが依然無防備な状態にあり、それには極めて重要なシステムも含まれると私は予測している」(Graham氏)

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算