編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

今週の日本株見通し--下値切り上げ予想も

ZDNet Japan Staff

2014-07-07 11:08

 先週の日経平均は、1週間で342円上昇して1万5437円だった。日本と米国の景気好調を再確認し、NYダウが最高値を更新する中、日本株にも外国人と考えられる買いが入った。

(1) 米景気は強い

 先週、発表になった米景気指標は、いずれも米景気が好調であることを示す。特に、6月の雇用統計は予想以上に強く、サプライズとなった。

<非農業部門の雇用者増加数> <完全失業率>
<非農業部門の雇用者増加数> <完全失業率>

 注目の非農業部門の6月の雇用者増加数は、景気好調と判断される20万人を上回っている。失業率も予想以上の低下だった。米国の金融政策を決めるFRBは、かつて「失業率が6.5%に下がるまでゼロ金利を継続する」と宣言していた。ところが、後から6.5%をゼロ金利解除の数値目標とすることを撤回した。失業率は既に6.1%まで下がっているが、米国はまだゼロ金利を続けている。

<ISM 製造業・非製造業景況指数>
<ISM 製造業・非製造業景況指数>

 製造業・非製造業とも好不況判断の分かれ目となる50を上回っており、ISM指数からも米景気好調が確認できる。

(2) 米景気が強いことのプラスとマイナス

 株式市場にとって、米景気は強ければ強いほど過ぎると、金融引き締めの時期が早まる思惑を生み、金利が上昇して、世界的に株価が調整する原因となる。

 ところが、現時点で、米長期金利はあまり上昇していない。

<米長期金利の推移>
<米長期金利の推移>

(3) 日本株への影響

 日本株への影響も複雑だ。

 <プラス面> 米景気が強いと日本の企業業績に好影響を及ぼす。また、米国および世界で株価が上昇しつつあるため、日本株にも外国人投資家の買いが入りやすくなっている。

 <マイナス面> 米景気が好調でもドル金利があまり大きく上がらないので、ドル高(円安)が進みにくくなっている。今でも円安→日本株高、円高→日本株安という相関は続いており、円安に弾みがつかないことが日本株の上値を重くしている。

(4) 今週の日経平均は堅調

 でも大きな上昇は期待し難い日本株は、投資環境が良好な中、引き続き下値を切り上げる展開と考えている。

 ただし、日経平均の1万6000円には一気に上抜けることが難しい抵抗線がある。上値は徐々に重くなってくる可能性がありる。

(出所:楽天証券経済研究所が作成)
(出所:楽天証券経済研究所が作成)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]