編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

さらなる速さを求めて--歴史に名を刻んだ6つのスーパーコンピュータ

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-07-03 07:30

CDC 6600
 新しいコンピュータに使い慣れてくると、最初に欲しくなるのは(その用途がゲームだけであろうと、ヒッグス粒子の追求であろうと)、より高速なコンピュータだ。より高速なコンピュータを追求する究極の取り組みは、スーパーコンピュータの分野で行われている。

 スーパーコンピュータは、現行世代のコンピュータとは桁違いの速さで動作するように設計される。Seymour Cray氏が1964年にControl Data Corporationの「CDC 6600」を設計したとき、これが世界最速のコンピュータとなった。実質的に40MHzで動作し、3メガフロップス(1秒間に300万回の浮動小数点数演算を実行できる)の性能を有した。参考までに、700MHzの「ARM1176JZF-S」プロセッサを搭載する「Raspberry Pi」の初期モデルは、42メガフロップスの能力を有する。

CDC 6600
 新しいコンピュータに使い慣れてくると、最初に欲しくなるのは(その用途がゲームだけであろうと、ヒッグス粒子の追求であろうと)、より高速なコンピュータだ。より高速なコンピュータを追求する究極の取り組みは、スーパーコンピュータの分野で行われている。

 スーパーコンピュータは、現行世代のコンピュータとは桁違いの速さで動作するように設計される。Seymour Cray氏が1964年にControl Data Corporationの「CDC 6600」を設計したとき、これが世界最速のコンピュータとなった。実質的に40MHzで動作し、3メガフロップス(1秒間に300万回の浮動小数点数演算を実行できる)の性能を有した。参考までに、700MHzの「ARM1176JZF-S」プロセッサを搭載する「Raspberry Pi」の初期モデルは、42メガフロップスの能力を有する。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]