編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

さらなる速さを求めて--歴史に名を刻んだ6つのスーパーコンピュータ

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-07-03 07:30

CDC 6600
 新しいコンピュータに使い慣れてくると、最初に欲しくなるのは(その用途がゲームだけであろうと、ヒッグス粒子の追求であろうと)、より高速なコンピュータだ。より高速なコンピュータを追求する究極の取り組みは、スーパーコンピュータの分野で行われている。

 スーパーコンピュータは、現行世代のコンピュータとは桁違いの速さで動作するように設計される。Seymour Cray氏が1964年にControl Data Corporationの「CDC 6600」を設計したとき、これが世界最速のコンピュータとなった。実質的に40MHzで動作し、3メガフロップス(1秒間に300万回の浮動小数点数演算を実行できる)の性能を有した。参考までに、700MHzの「ARM1176JZF-S」プロセッサを搭載する「Raspberry Pi」の初期モデルは、42メガフロップスの能力を有する。

CDC 6600
 新しいコンピュータに使い慣れてくると、最初に欲しくなるのは(その用途がゲームだけであろうと、ヒッグス粒子の追求であろうと)、より高速なコンピュータだ。より高速なコンピュータを追求する究極の取り組みは、スーパーコンピュータの分野で行われている。

 スーパーコンピュータは、現行世代のコンピュータとは桁違いの速さで動作するように設計される。Seymour Cray氏が1964年にControl Data Corporationの「CDC 6600」を設計したとき、これが世界最速のコンピュータとなった。実質的に40MHzで動作し、3メガフロップス(1秒間に300万回の浮動小数点数演算を実行できる)の性能を有した。参考までに、700MHzの「ARM1176JZF-S」プロセッサを搭載する「Raspberry Pi」の初期モデルは、42メガフロップスの能力を有する。

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]