編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

さらなる速さを求めて--歴史に名を刻んだ6つのスーパーコンピュータ - 2/6

Steven J. Vaughan-Nichols (ZDNet.com) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2014-07-03 07:30

Cray-1
 スーパーコンピュータに関連する名称を1つだけ知っているとしたら、それはおそらく「Cray」だろう。最初の一流のスーパーコンピュータの設計者で、間違いなく最も偉大なスパコン設計者であるSeymour Cray氏は1976年、自分と同じ名前を持つスーパーコンピュータの初代機を完成させた。

 80MHzのこのシステムは集積回路(IC)を使って、136メガフロップスという驚異的な演算性能を実現した。この「Cray-1」の(当時としては)卓越した処理速度は、アルファベットの「C」に似た独特の形状から生み出された。

 この外観は、見た目をよくするために採用されたのではない。この形状により、最も速度に依存する回路基板の回路の長さを短くし、高速化を実現することができた。

 CPUから始まり、細部まで気配りが行き届いた設計は、Cray氏の作品の特徴だった。今では明らかになっていることだが、このカスタム設計のアプローチは最終的に行き詰まることになる。

Cray-1
 スーパーコンピュータに関連する名称を1つだけ知っているとしたら、それはおそらく「Cray」だろう。最初の一流のスーパーコンピュータの設計者で、間違いなく最も偉大なスパコン設計者であるSeymour Cray氏は1976年、自分と同じ名前を持つスーパーコンピュータの初代機を完成させた。

 80MHzのこのシステムは集積回路(IC)を使って、136メガフロップスという驚異的な演算性能を実現した。この「Cray-1」の(当時としては)卓越した処理速度は、アルファベットの「C」に似た独特の形状から生み出された。

 この外観は、見た目をよくするために採用されたのではない。この形状により、最も速度に依存する回路基板の回路の長さを短くし、高速化を実現することができた。

 CPUから始まり、細部まで気配りが行き届いた設計は、Cray氏の作品の特徴だった。今では明らかになっていることだが、このカスタム設計のアプローチは最終的に行き詰まることになる。

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]