編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

HP、電源コード600万本を自主回収--過熱、発火、火傷等の危険の可能性

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-08-28 08:58

 Hewlett-Packard(HP)は、600万本を超える電源コードを世界的に自主回収すると発表した。「過熱、発火、火傷等の危険の可能性」があるという。これらの電源コードは、同社の「Compaq」ノートブックPC、「Mini」ノートブックPCに加えて、ドッキングステーションなど、ACアダプタで電源をとるさまざまなアクセサリ製品に接続する。

 対象となるAC電源コードは、ACアダプタ本体に接続する側のプラグに、「LS-15」のマークが付いている。2010年9月から2012年6月の間に出荷されたHP製のノートPCに同梱されていた。影響するプラットフォームはHPノートブックPC、CompaqノートブックPC、MiniノートブックPCだが、ノートPCとオプション製品に同梱されているすべてのAC電源コードが該当するわけではない。

 米国消費者製品安全委員会(US Consumer Product Safety Commission)のサイトに掲載された声明には、「HPは、電源コードが過熱して溶けたり焦げたりしたという29件の報告を受けている。そのうち2件では軽い火傷、13件では軽微な物品損傷が報告されている」と記されている。

 HPは、LS-15の電源コードを所有する顧客に対して直ちに使用をやめて、無料交換プログラムについて同社に問い合わせるよう求めている。該当する顧客のほとんどは、米国およびカナダに居住するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]