HP、電源コード600万本を自主回収--過熱、発火、火傷等の危険の可能性

Dara Kerr (CNET News) 翻訳校正: 編集部

2014-08-28 08:58

 Hewlett-Packard(HP)は、600万本を超える電源コードを世界的に自主回収すると発表した。「過熱、発火、火傷等の危険の可能性」があるという。これらの電源コードは、同社の「Compaq」ノートブックPC、「Mini」ノートブックPCに加えて、ドッキングステーションなど、ACアダプタで電源をとるさまざまなアクセサリ製品に接続する。

 対象となるAC電源コードは、ACアダプタ本体に接続する側のプラグに、「LS-15」のマークが付いている。2010年9月から2012年6月の間に出荷されたHP製のノートPCに同梱されていた。影響するプラットフォームはHPノートブックPC、CompaqノートブックPC、MiniノートブックPCだが、ノートPCとオプション製品に同梱されているすべてのAC電源コードが該当するわけではない。

 米国消費者製品安全委員会(US Consumer Product Safety Commission)のサイトに掲載された声明には、「HPは、電源コードが過熱して溶けたり焦げたりしたという29件の報告を受けている。そのうち2件では軽い火傷、13件では軽微な物品損傷が報告されている」と記されている。

 HPは、LS-15の電源コードを所有する顧客に対して直ちに使用をやめて、無料交換プログラムについて同社に問い合わせるよう求めている。該当する顧客のほとんどは、米国およびカナダに居住するという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]