編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

米郵便公社にサイバー攻撃--中国政府が関与との見方も

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-11-11 10:30

 米郵便公社(USPS)のネットワークが何者かに攻撃され、大量の従業員データが流出した。

 Washington Postの報道によると、USPSは9月半ばに不正侵入を確認したことを米国時間11月10日に報告した。USPS側は攻撃者を誰と考えているかを明らかにしなかったが、中国政府に関連するハッカーの可能性があると考える向きもあるという。

 この攻撃により、80万人以上の従業員のデータが漏えいした。これには、氏名、生年月日、社会保障番号、住所が含まれる。顧客データは漏えいしていないとUSPSは述べている。

 Washington Postに対するUSPSの話によると、この攻撃は「高度な技術を持ち、ID情報の取得やクレジットカード詐欺には興味がない人物」によるものだという。そのため、この攻撃は金銭的な利益を狙う個人または集団のハッカーによるものではなく、国家的な行動者による攻撃ではないかと推測される。

 時を同じくして、Barack Obama大統領は中国の習近平主席とともにサイバーセキュリティについて協力を模索すると発表している。中国はここ数年、米国のネットワークに攻撃をしている可能性を否定している。

 USPSは10日、攻撃の事実を従業員に通知した。この件は米連邦捜査局(FBI)が引き続き調査する。


提供:US Postal Service

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]