ファイル共有ソフト市場が好調、第3のプラットフォームへの移行顕著に:IDC調査

NO BUDGET

2014-11-25 17:29

 IDC Japanは11月25日、国内ユニファイドコミュニケーション/コラボレーション(UC&C)市場の2014年上半期(1~6月)の動向を調査し、同市場の分析と2014~2018年の予測アップデートを発表した。1~6月の国内市場規模は、前年同期比5.1%増の1141億円1000万円であったという。

 IDCでは、UC&C市場をIPテレフォニー、コラボレーティブアプリケーション、IPコンファレンスシステム、IPコンタクトセンターシステムの4つに分類し、それぞれの市場について個別に調査、市場予測している。

 1~6月は、2013年から続いている音声基盤の刷新需要が好調に推移し、IPテレフォニー市場が前年同期比4.2%増と好調を維持した。コラボレーティブアプリケーション市場では、2014年から新たに合算したファイル同期/共有ソフトウェア市場が好調であることやWindows XPサポート終了によるクライアントソフトウェア置き換え需要で前年同期比9.4%増となった。

 IPコンファレンスシステム市場では、映像会議システムの価格低下で2013年上半期(1~6月)は前年同期比マイナス成長となったものの、2014年の1~6月はベンダーのキャンペーンやウェブ会議サービス市場の成長で前年同期比4.0%増と持ち直している。IPコンタクトセンターシステム市場は、市場のSaaSへのシフトや小型システムの増加によって成長率が減速し前年同期比2.9%増となった。

 国内UC&C市場全体の規模は、前年同期比5.1%増の1141億1000万円。国内UC&C市場では“第3のプラットフォーム”へのシフトが顕著になっており、特にクラウドやモビリティからの市場影響が大きくなっている。

 IDC Japanでは、こうした調査結果から予測を上方修正、2014年の国内UC&C市場は前年比4.6%の成長の2192億1300万円になるとしている。2013~2018年は年間平均成長率(CAGR)4.0%で成長し、2018年には2554億4100万円の規模になると予測した。同社ソフトウェア&セキュリティ グループマネージャーの眞鍋敬氏は、以下のように提言している。

 「ベンダーやシステムインテグレーター、通信事業者は、UC&CアプリケーションのSaaS型の整備、モバイルワークソリューションなどのパッケージの企画がUC&C市場の獲得に重要である」

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]