ヒールの高さで男性の態度が変わる?--フランスの調査結果が話題に

Chris Matyszczyk (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部 2014年12月13日 10時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 男性と、ハイヒールを履いた女性の関係が明らかになった。

 結果を聞いて、根拠に欠けるとか、調査がフランスで行われたせいだと思うかもしれない。筆者も最初はそう思った。

 しかし、これは踏み込んだ調査が行われた結果のようだ。たとえば、ハイヒールを履いた女性が道で手袋を落とすと、ぺたんこ靴を履いた女性よりも男性に拾ってもらえる確率が50%高くなることが分かったという。

 調査を実施したフランスのブルターニュ・スッド大学の研究員らは、要因は靴の違いにあると考える。つまり、ヒールを履いている人の方がフラットシューズを履いている人よりも、低いところにかがみづらいということだろうか。

 そういうわけではないと、研究者らは否定している。Associate Press(AP)によると、街頭で男性に調査に応じてもらいたい場合もヒールを履いていると、立ち止まってもらえる可能性が倍増した。

 バーにいる時も(少なくともフランスでは)、ヒールの女性のほうが半分の時間で男性に声をかけられることが分かった。APは、調査執筆者で行動科学者でもあるNicolas Gueguen氏が「簡単に言うと、ヒールが女性を美しく見せている」と述べたとしている。

 調査では19歳の女性が0.2インチ、2.0インチ、3.5インチのヒールを履き、25〜50歳の男性に参加してもらった。どの調査項目でも3.5インチヒールの勝利となった。

 しかし、女性なら誰でもハイヒールを履けばいいのか、疑問でならない。男性もベージュのシルクスーツが似合う場合とそうでない場合があるし、司祭なら誰でも昔ながらの紫色のカソックが似合うというわけでもなかろう。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
トランザクションの今昔物語
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
展望2017
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算