男性の半数は知識が無いのにPC修理に自信満々--米で衝撃の調査結果

ZDNet Japan Staff 2014年11月19日 12時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 男性の約半数はコンピュータの修理に自信を持っているにもかかわらず、その多くが不具合の最適な解決方法を分かっていない。そんな調査結果が米国時間11月12日、明らかになった。

 調査はMicron Technology傘下のCrucial.comがGMI Researchと共同で行ったもの。6月27日~7月4日までの期間に35~70歳の米国在住者1001名を対象に行われた。

 調査では男性の90%が、動作が遅い、調子が悪いなどの不調をメモリ(RAM)の追加で解決できることを知らなかった。にもかかわらず、調査対象となった男性の46%がコンピュータの不具合を直す自信を「非常に強く」あるいは「強く」持っていると回答している。

 調査では、動作が遅い、一般的なプログラムが停止するなどの不具合の原因を答える設問で、「部品の故障」「ドライブストレージ不足」「最近ダウンロードしたプログラムやOSアップデートなどのソフトウェアの問題」「ウイルスやマルウェア」「メモリ不足」の5つの選択肢を提示。35歳~54歳の男性回答者の中で「メモリ不足」と答えた人は最も少なかった。最も多くの回答を集めたのは、遅い動作につながると最も考えづらい「部品の故障」だった。

 女性回答者も、ほとんど(90%)がRAMの追加が最適な答えであることに気づかなかったが、コンピュータを修理するスキルについて男性ほどの自信を示さなかった。

 また、コンピュータの動作が遅い原因を特定できない中でも、男性の68%がコンピュータを5年以上使いたいと回答し、48%がお金を出して修理してもらうよりも自分で直してお金を節約したいと考えていることも明らかになった。

 Crucial.comのマーケティングマネージャーEd Walker氏は「消費者は、メモリ関連の不具合の現象とは最も無縁の部品故障を一番に疑うことが、今回のデータから分かった。何百ドルも出してシステムを新調することなく、メモリを追加することが、老朽化したPCを復活させる最も安い方法だ」と嘆き節だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算