マイクロソフト、マルウェア対策ソフトを強化--ブラウザへの不正操作を防止

Larry Seltzer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2014年12月15日 12時13分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Microsoftは米国時間12月11日、同社の全マルウェア対策製品に、不正なソフトウェアによる動作を検出する機能を追加したと発表した。これは同社が10月に明らかにしていた対策機能の一部だ。残りの機能は2015年1月1日に追加するという。

 機能強化の多くは、ブラウザの拡張機能と設定に関するもの。主要なブラウザは不正な操作という問題に対し、新しくインストールされた拡張機能をデフォルトで無効化する方法で対応している。そのため、ユーザーは明示的に意思表示をしなければ、新しいソフトウェアをインストールできない。だが、一部のプログラムはこの制限を回避してしまう。Microsoftは今回、以下の2つの行動を「許されないこと」と定義している。

  1. ブラウザツールバー、拡張機能、アドオンをインストールするかを確認するためにブラウザが表示するダイアログを回避する。
  2. ブラウザの機能や設定を、ユーザーに閲覧または修正させないようにする。

 たとえば、ソフトウェアの中には、GroupまたはLocal Policy Objects、レジストリ変更、設定ファイルの変更を利用して、デフォルトで遮断または無効化されているソフトウェアをインストールするよう許可するものがある。

 今回のような機能はホスト侵入防止システム(Host Intrusion Prevention Service:HIPS)と呼ばれており、他の多くのセキュリティスイートではすでに搭載済みだ。Kasperskyでは「Application Privilege Control」という機能名で関連するサービスの一部として入っており、Microsoftのものよりも柔軟性が高く、統合された機能となっている。

 だがMicrosoftのマルウェア対策製品は、デフォルトでユーザーが得ることができる土台となる。Microsoftは声明で、最新の機能は同社の「Internet Explorer」だけではなく、すべてのブラウザに適用されると説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算