編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、マルウェア対策ソフトを強化--ブラウザへの不正操作を防止

Larry Seltzer (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2014-12-15 12:13

 Microsoftは米国時間12月11日、同社の全マルウェア対策製品に、不正なソフトウェアによる動作を検出する機能を追加したと発表した。これは同社が10月に明らかにしていた対策機能の一部だ。残りの機能は2015年1月1日に追加するという。

 機能強化の多くは、ブラウザの拡張機能と設定に関するもの。主要なブラウザは不正な操作という問題に対し、新しくインストールされた拡張機能をデフォルトで無効化する方法で対応している。そのため、ユーザーは明示的に意思表示をしなければ、新しいソフトウェアをインストールできない。だが、一部のプログラムはこの制限を回避してしまう。Microsoftは今回、以下の2つの行動を「許されないこと」と定義している。

  1. ブラウザツールバー、拡張機能、アドオンをインストールするかを確認するためにブラウザが表示するダイアログを回避する。
  2. ブラウザの機能や設定を、ユーザーに閲覧または修正させないようにする。

 たとえば、ソフトウェアの中には、GroupまたはLocal Policy Objects、レジストリ変更、設定ファイルの変更を利用して、デフォルトで遮断または無効化されているソフトウェアをインストールするよう許可するものがある。

 今回のような機能はホスト侵入防止システム(Host Intrusion Prevention Service:HIPS)と呼ばれており、他の多くのセキュリティスイートではすでに搭載済みだ。Kasperskyでは「Application Privilege Control」という機能名で関連するサービスの一部として入っており、Microsoftのものよりも柔軟性が高く、統合された機能となっている。

 だがMicrosoftのマルウェア対策製品は、デフォルトでユーザーが得ることができる土台となる。Microsoftは声明で、最新の機能は同社の「Internet Explorer」だけではなく、すべてのブラウザに適用されると説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]