編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

開発者視点で探る、2015年のアップル--「Swift」「Siri」「iOS」に期待できること

Cory Bohon (Special to TechRepublic) 翻訳校正: 川村インターナショナル

2015-01-08 06:00

 Apple製品向けの開発を行っている人は2015年、「Swift」や「Siri」「Apple TV」に関して、何を期待すればいいのだろうか。本記事では、筆者の予想を披露する。

「Swift」

 これまでのところ、Swiftの普及速度は遅い。開発者はこの新言語を完全に受け入れることに慎重になっている。なぜなら、Swiftは現在、さまざまなバグや問題が解決されている段階にあるからだ。筆者は2015年、Swiftの普及が大幅に進むと予測している。AppleがWWDCで提供するコードサンプルの大半はSwiftで記述されたものになる可能性があることが、その大きな理由である。

 さらに、Appleが新しいテクノロジ向けにSwiftのみのAPIを記述するようになる可能性もあるので、開発者は同言語の採用を余儀なくされるかもしれない。現在、Appleが提供するすべてのAPIとフレームワークは依然として「Objective-C」で記述されているため、SwiftとObjective-Cの間で相互運用が可能で、Objective-Cの命名規則にも従っている。

「Apple Watch」

 2015年に初登場し、発売される予定の製品の中で最も重要なものの1つがApple Watchだ。2014年9月に行われたApple Watchの発表は、簡潔なものだった。「2015年初頭」に予定されている同スマートウォッチの発売まで明かされない機能がきっとあるはずだ、と筆者は確信している。

 開発者は、「WatchKit」をベースとするApple Watch向けアプリケーションの提供を開始できることに興奮している。これらのアプリケーションは現在、「Glances」と「Interactive Notifications」、完全にApple Watchネイティブではないアプリケーションに限定されている。

 Appleは2015年、開発者に、「iPhone」がなくても動作する完全なApple Watchネイティブアプリを記述できる機能を開放する、と筆者は予想している。これにより、Appleが「App Store」と「iOS」によってモバイルデバイス上でデスクトップ級のアプリケーションの可能性を最大限に解き放ったように、リストトップコンピューティングの可能性が解き放たれるだろう。

 Apple Watchアプリは次のゴールドラッシュになる、と筆者は予想している。

「Apple TV」

 Apple TVのUIは、かなり前からアップデートされていない。Apple TVは今も大画面で使うことで最高のユーザーエクスペリエンスを得られるが、Appleはこのエクスペリエンスを刷新するか、あるいは、開発者がApple Watch向けアプリを記述できるのと同じように、開発者が(もしかすると拡張機能を通して)Apple TV向けアプリケーションを記述できる機能を発表するのではないか、と筆者は考えている。

 いずれにせよ、筆者はソフトウェアアップデートを通して、Apple TVの再活性化が図られると予想している。ひょっとしたら新しいハードウェアアップデートも発表されるかもしれない。

figure_1
提供:Cory Bohon/TechRepublic

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]