編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

MS、Androidタブレット用Officeのプレビューを拡大

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-01-07 10:08

 米国時間1月6日、Microsoftは「Android」タブレット用「Office」のプレビュー版を入手しやすくしたと発表した

 Microsoftは2014年11月にAndroidタブレット用Officeのプレビュー版提供を開始しており、招待に申し込みをしたユーザーに順次テスト版へのアクセスを提供していた。

 今回から、Android 4.4または5.0を搭載した7インチから10.1インチまでのAndroidタブレットユーザーは、ただちに「Word」「Excel」「PowerPoint」の各アプリにアクセスできるようになる。

 Microsoftは2014年に、Androidタブレット用Officeを2015年の早い時期に一般に公開するとしていた。

 一般ユーザー向けの基本的機能を備えたAndroidタブレット用Officeは、無料で提供される。iPad用Officeと同じく、ビジネス向けの機能を持つバージョンを利用するには、Office 365の契約が必要となる。これは、iPad用Officeの場合と同じだ。契約がなくても文書の閲覧、作成、編集はできるが、より進んだ機能を利用したり、OneDriveストレージを無制限に利用するにはOffice 365ユーザーになる必要がある。

 Androidタブレット用Officeには、Word、Excel、PowerPointが含まれる。Androidタブレット用「OneNote」は、すでにGoogleのPlayストアで無料でダウンロード可能となっている。

 Microsoftはまた、iOS用と同じように、Androidスマートフォン用の「Office Mobile」を作り直し、Androidタブレット用Officeに近いものにする予定だ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]