編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

MS、Azureデータセンターマイグレーションツールをオープンソースで公開

David Chernicoff (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-01-14 11:45

 MicrosoftのAzure Compute Runtime担当シニアプログラムマネージャーのGuy Bowerman氏は米国時間1月12日、Azure公式ブログでオープンソースのツール「Azure Data Center Migration Solution(ADCMS)」を紹介した。Azureデータセンターから別のデータセンターに既存の実装された仮想マシンを移行するのを支援するツールとなる。

 ADCMSは、遅延改善を目的に近くのデータセンターに移行する、同じソリューション設定を複数のデータセンターで実装する、MSDNテストアカウントから運用環境での実装などのサブスクリプション間の移行、といったよくあるマイグレーションのシナリオを支援するものだ。

 ADCMSは以下のようなシナリオで検証済みだ。

  • 小規模(仮想マシン10台、VNet1本)から中規模(仮想マシン100台以上、VNet10本まで)のIaaS実装
  • 同じデータセンター間でのサブスクリプションの移行、地理的に近くにある(同じ大陸内)データセンターでのサブスクリプションの移行、遠く(異なる大陸)のデータセンターでのサブスクリプションの移行
  • IaaSのさまざまな機能バリエーションにおける移行
  • 予約済みIPアドレス、内部ロードバランサー、静的内部IPなど、新しく公開されたIaaSの機能との互換性
  • エクスポートされたJSONが名称、設定、バインディングなどが変更されたために、移行元の実装と目的の実装とが異なっている場合のマイグレーション
  • 高可用性SharePointサーバーファームへのマイグレーション

 オープンソースのADCMSは、包括的なユーザーマニュアルとともにGithubより入手できる。ツールはMicrosoftがインド・バンガロールに持つMicrosoft Azure CATチームとPersistent Systemsが共同開発したもので、MicrosoftとPersistent Systemsは、エンドユーザーが公開されたコードを利用して自分たちのプロジェクトや要件に合うように修正して使用できると期待を寄せている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]