編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

グーグル、「Firefox」ユーザーにメッセージ--米「Yahoo」検索からの乗り換えを促す

Lance Whitney (Special to CNET News) 翻訳校正: 編集部

2015-01-23 09:30

 Googleは「Firefox」ブラウザを利用するユーザーに対し、デフォルト検索エンジンを米「Yahoo」から「Google」に変更するよう促している。

 Firefoxを開発するMozillaは2014年11月、米国においてYahooを「モバイルとデスクトップの両方でFirefoxをデフォルト検索エンジン」にする契約を締結した。目的は、より柔軟性が高く、また、Mozillaの製品と競合しない検索エンジンを利用することだった。それまでMozillaと契約してきたGoogleは「Chrome」ブラウザで、Firefoxと競合している。

 検索大手Googleは現在、Firefoxユーザーへの質問メッセージをホームページに表示している。「Do you want to make Google your default search engine?(Googleを通常使用する検索エンジンに設定したいですか)」「Do you want to make Google your homepage?(Googleをホームページにしたいですか)」という内容だ。

 米国時間1月21日には、「Google検索を愛するすべてのFirefoxファンへ」というテキストのツイートも投稿した。このツイートには、デフォルト検索エンジンをGoogleに設定する方法を説明する画像が示されている。また、Googleを検索エンジンにする手順を示すページへのリンクも含まれる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]