編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

日立、データ分析のPentahoを買収--社会イノベーション事業に活用

山田竜司 (編集部)

2015-02-12 12:17

 Hitachi Data Systems Corporationは2月12日、ビジネスインテリジェンス(BI)ツールやデータ統合ツールなどを提供するPentahoを買収したと発表した。買収額は非公開。両社は今後、2015年6月末までの買収完了に向けた手続きを進める。

 Pentahoは、データ分析分野でハードウェアベンダーやシステムインテグレーターを含むパートナー基盤とともに、世界180カ国以上に1200超の顧客基盤を持つという米企業。高度なデータ統合、分析、可視化技術を持ち、それらの機能を統合して提供することでデータ利活用基盤の迅速かつ柔軟な構築を実現しているという。同社のソフトは多様なデータに対応し、さまざまな業務システム、アプリケーションのデータを統合して多角的に分析、可視化できるとアピールしている。

 買収により、Pentahoのデータ分析ソフトウェアと技術、ノウハウを獲得、ITプラットフォームやデータ管理技術などと連携させ、さまざまな業種が共通的に利用できる新たなデータ利活用基盤をを構築するとした。

 この基盤を活用し、日立グループが展開するエネルギーや交通、ヘルスケアなどのインフラシステムと組み合わせた新たなサービスを開発し、グローバルなコンサルティングネットワークなども活用し、社会イノベーション事業のグローバル展開を加速してゆくという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]