編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

スノーデン氏、内部告発の影響などを語る--RedditのQ&Aに登場

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 矢倉美登里 高橋朋子 (ガリレオ)

2015-02-24 12:02

 ジャーナリストのGlenn Greenwald氏、映画監督のLaura Poitras氏、そして、米国家安全保障局(NSA)の元契約職員で内部告発者となったEdward Snowden氏は米国時間2月23日、RedditのAsk Me Anything(AMA)セッションに登場し、1時間にわたり質問に答えた。

 この質疑応答セッションは、Poitras氏のドキュメンタリー「Citizenfour」が米HBOで放送される数時間前に行われた。同作品は、Snowden氏が香港へと逃亡した最初の数日と内部告発直後の余波を追っており、22日のアカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞している。

 以下はその内容の一部となる。

--Edward Snowden氏は、ロシアへの政治亡命が認められた数カ月後、Vladimir Putin大統領に対して、ロシア政府は国民をスパイしているのかと質問している。Putin大統領が事実を語っているという証拠は?

 Snowden氏:証拠はない。そしてそれは世界的な問題の一端だ。1つの国の法律を改正すればそれで解決、というわけにはいかない。我々の権利が、どこかの書面の上でのみ保護されたりせず、また通信が国境を越えた瞬間、それらの保護が消えてなくなったりしないようにしなくては。全世界の市民の人権がデジタル世界で尊重されるようにする唯一の方法は、政策や手続きではなく、システムや標準を通じて人権を保護させることだ。

--自身の告発の影響についてどう思うか?リークの結果、世界は大きく変わったか?

 Snowden氏:今起きている変化の多くは目に見えるものではない。エンジニアリングのレベルで起きているからだ。Googleは、受動的な監視を防ぐために、データセンター間でのバックホール通信を暗号化した。またAppleはいち早く、スマートフォンのフルディスク暗号化をデフォルトで有効にした(すばらしい!)。

 そして最も大きいのは意識の変化だ。2013年以前であれば、米国の国家安全保障局(NSA)がすべての人の通話を記録し、英国の政府通信本部(GCHQ)が弁護士やジャーナリストを監視しているなどと言うと、眉をひそめられ、陰謀論者呼ばわりされた。しかし、もうそんなことはない。

--一部で言われているように、ロシアの諜報機関のために働いているのか?

 Snowden氏:もちろん、働いていない・・・。私がロシア側のスパイなら、どうして空港で1カ月も足止めを食らうのだろうか?代わりにパレードで迎えられ、勲章をもらっていただろう。

 現時点で、私が無事ですんでいるのは、世間に知られた存在だからだと思う。私に対して何ができるだろうか?指でも骨折した姿を見せたら、何が起きたか誰もが知ることになる。

RedditのAMAセッションに登場したEdward Snowden氏
RedditのAMAセッションに登場したEdward Snowden氏
提供:Imgur/Reddit

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AWSが提唱する、モダン分析プラットフォームのアーキテクチャと構築手法

  2. クラウドコンピューティング

    AWS資料、ジョブに特化した目的別データベースを選定するためのガイド

  3. ビジネスアプリケーション

    進化を遂げるパーソナライゼーション、企業に求められる変革とは

  4. クラウド基盤

    【事例】機器の老朽化・陳腐化、ストレージ運用の属人化…複数課題を一気に解決したカプコン

  5. セキュリティ

    「日経225銘柄」企業の現状から読み解く、インターネットアクセスにおける業種別の弱点とは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]