編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アップル、「iOS 8.3」のパブリックプレビュー版をリリース

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-03-13 08:36

 Appleが正式リリース前のプログラムである「iOS 8.3」をパブリックベータとして公開した。

 今回の動きは、一般に提供される前の「OS X」をユーザーがダウンロードできたプログラムを拡張するものである。Appleはこのたび「Apple Seed」サイトをアップデートし、プログラムの名称を「Apple Beta Software Program」へと変更した。

 Appleはデスクトップソフトウェアやモバイルソフトウェアのパブリックプレビューが、同社の今後の製品の「形成」に役立つと期待していると述べている。

 9to5macは、iOS 8.3ではメッセージを「迷惑メッセージ」に振り分ける機能など、いくつかの改良が加えられていると報じている。

 Appleによると、「iPhone」と「iPad」の全ユーザーの4分の3が現在、「iOS 8」以降のバージョンを利用しているという。


提供:CNET/CBS Interactive

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]