編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

アラクサラなど、クラウドでのネットワークフォレンジックに成功

NO BUDGET

2015-06-04 08:30

 アラクサラネットワークスとトーテックアメニティ(名古屋市)は6月2日、サイバー攻撃や内部不正対策での“ネットワークフォレンジック(ネットワーク証拠保全)”を共同で検証したと発表した。テラビットスケールのクラウドセキュリティに対応するという、

 フォレンジックス(forensics)は、もともと「科学捜査」という意味。ITの領域ではデジタルデータを収集、保存する各種技術や手法、製品などを総称する用語であり、証拠として利用するためにコンピュータ内やネットワーク上のデジタルデータを収集、分析、保存することを目的としている。

 このうち、特に目的をネットワーク上に限定し、ネットワーク上で送受信されるデータを記録し、内容を復元、分析することをネットワークフォレンジックと呼び、サイバー攻撃の脅威が増えつつある中でのリスク対策として注目されている。

 ネットワークフォレンジックを利用することで万一サイバー攻撃や内部不正による被害が生じた場合でも、被害の範囲や攻撃経路などを迅速に特定できるとされている。送受信されるデータの内容を監視することで不正なデータの送受信を検知し、アラームを流すことも可能とされている。

 多くのエンドユーザーが混在し大量のデータが流れるクラウド環境では実現が困難であったことから、これまでは主に企業内のオンプレミス環境を中心に利用されてきた。今回、アラクサラのルータ「AX8600R」やスイッチ「AX8600S」とトーテックのフォレンジックサーバ「NetRAPTOR」を組み合わせて、クラウド環境でも活用できるネットワークフォレンジックを検証した。

今回検証した仕組み
今回検証した仕組み(アラクサラ提供)

 具体的には、指定された条件に合致するパケットのみを指定ポートにも出力する「選択的ミラーリング」機能をAX8600S/R上に実装し、100Gbpsの回線から指定したデータフローを抽出してNetRAPTORに送り、記録、分析した。これにより、クラウド環境の大量のデータの中から必要なデータのみを対象としたフォレンジックスが可能という。

 100Gbpsの帯域を流れるデータから必要なフローを抽出してフォレンジックでき、テラビット級の通信データを扱う大型データセンターでも利用できるとしている。ルータやスイッチでフローを抽出するので、外付けのデータ分岐(TAP)装置が不要になると説明している。

 ルータやスイッチのシェーピング機能でサーバに送るデータを平準化するため、一時的な大量トラフィックによる取りこぼしが生じないと説明。メールに添付されるWordやExcel、zipなどの添付ファイルを分析できるとともに、日本語文字コードにも対応している。

 今回の仕組みを活用すれば、マルチテナントのプライベートクラウドを提供するクラウド事業者にとっては、テナントごとのネットワークフォレンジックをSaaSとして提供できるという。ユーザー企業にとっては、フォレンジック可能なオンプレミス環境で利用している機密性の高いデータをプライベートクラウド環境に移し、フォレンジックサービスを社外に委託できるようになり、耐災害性向上と業務効率化が図れるとしている。大量のデータの中でも、必要なフローについてリアルタイムで検索し、不正なデータの動きを検知してアラームを出すことができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]