編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

GEは78兆円の新市場に参入、IoTは事業モデルを転換させる:アクセンチュア調査

齋藤公二 (インサイト)

2015-07-02 07:30

 アクセンチュアは7月1日、“モノのインターネット(Internet of Things:IoT)”ビジネスに関する記者説明会を開催。グローバルで最高経営責任者(CEO)を対象にした意識調査「グローバルCEO調査 2015」の結果と、それを踏まえたうえで日本企業が取るべき3つの戦略について提言した。

 グローバルCEO調査(CEO Briefing)は、Accentureが経済誌The Economistの調査部門Economist Intelligence Unit(EIU)と毎年実施している。世界のCEOを対象に経済の見通しやビジネス戦略、テクノロジの役割などを聞いている。2015年版では、IoTをトピックの1つに挙げ、約1400人から回答を得た。


航空機エンジンの8兆円市場に加えて、GEはIoTで航空会社などが中心となる78兆円市場に参入する機会を獲得した
清水新氏
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部 統括本部長 清水新氏

 戦略コンサルティング本部 統括本部長の清水新氏は今回の発表の意義について、「日本企業を支援するためにアクセンチュアの戦略コンサルティング本部は4つのテーマに取り組んでいる。その1つが“デジタルディスラプション(Digital Disruption)への対応”。具体的には、IoTを活用してデジタル化を推進することで、モノ売りのビジネスから成果を売るビジネスへの移行を支援している」と説明した。

 清水氏によると、IoTは、コンシューマー向け(BtoC)事業だけでなく、産業分野(BtoB)を巻き込む形で進行している。そのため、アクセンチュアでは、IoTについて「IIoT(Industorial IoT)」というキーワードを使って表現し、そこで生み出される新しいビジネスの形を「成果を売るビジネス(Outcom Economy)」と呼んで、企業が成果売りのビジネスに移行できるよう活動している。

 これらのキーワードについて清水氏は「モノを売るビジネスがプロダクトを売るのに対して、成果を売るビジネスはプロダクトとサービスを売る。たとえば、エンジンというモノを売るビジネスから、エンジンを遠隔監視する保守サービスを売るビジネスへと移行する。プロダクトで重視されるのは機能や性能、品質だが、プロダクト+サービスではエクスペリエンスや成果(outcom)が重視される。そこで欠かせないのが、IIoTを活用しながら、ビジネスとテクノロジを結びつけていくことだ」と解説した。

Jeffrey Bernstein氏
アクセンチュア 戦略コンサルティング本部 マネジング・ディレクター Jeffrey Bernstein氏

 グローバルCEO調査2015は、こうした意識のもとで実施された。特にIIoTについては、日本とグローバルでの意識にどのくらいの隔たりがあるかをあらためて整理した。国内で調査にあたった戦略コンサルティング本部マネジング・ディレクターのJeffrey Bernstein氏は、調査のポイントを次のように説明した。

 「グローバルの経営者と日本の経営者の認識の違いがはっきりと確認できた。グローバルの経営者は、IoTがあらゆる業種のビジネスに大きなインパクトを持つと捉えていたのに対し、日本の経営者は、影響は限定的でITなど限られた業種だけが恩恵を受けると捉えていた」(Bernstein氏)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]