編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

電力、ガスなど公益企業向け顧客情報管理ソフトウェアを発表--オラクル

NO BUDGET

2015-07-09 06:30

 日本オラクルは7月8日、オラクルの公益業界向け顧客情報管理アプリケーションの最新版「Oracle Utilities Customer Care and Billing R2.5」の提供を開始すると発表した。

 Oracle Customer Care and Billing(CC&B)は、公益事業者の顧客に関する契約、検針結果、料金メニューや請求情報などを統合的に管理できるアプリケーション。日本でも大手公益事業者に採用されており、特に電力小売自由化の流れをうけて、新料金メニューなどを短期間で設定できる柔軟性が高く評価されているという。

 最新版のR2.5で拡張された点は以下の通り。

ユーザー画面の操作容易性の向上

 CC&Bのユーザー画面として、オラクルのアプリケーション製品のユーザー画面の標準デザインテンプレート「Oracle Alta User Interface」を新たに採用した。これにより、表示速度の大幅な向上、モバイル対応などを実現した。また、最先端のユーザー画面の設計方針として定着しつつあるアイコンやテキストの拡大、平面的でシンプルかつ空白を広くとったデザインを実装し、業務部門ユーザーでも直観的に操作できるようなった。

アプリケーション開発言語をJavaに刷新

 CC&Bの開発言語は、一部COBOLで実装されていたが、すべてJavaに刷新した。これにより、世界最大規模である900万人の開発者コミュニティを保有するJava技術者を、システム構築時や構築後の運用管理において活用でき、公益企業のシステム導入や維持、運用における負担を軽減する。

 また、Javaで構築された他の業務システムとの連携が容易になり、さらに機能拡張も円滑に行えるため、電力・ガスシステム改革に求められるシステムの柔軟性を実現する。

 日本オラクルは、2013年に電力システム改革を包括的に支援する組織として「電力システム改革推進室」を立ち上げ、電力会社のシステム改革に向けたコンサルティングなどを提案してきた。

 今回、新たに電力、ガスシステム改革法案の閣議決定を受け、日本オラクルでは、同組織を「電力・ガスシステム改革支援室」に改め、ガス会社や電力事業に新規参入する企業も含めて幅広く提案する体制を整え、公益事業者の円滑なシステム変革を支援するとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]