編集部からのお知らせ
SNS分析のトレンドまとめ
注目「Googleのクラウド事業を読み解く」

IIJ、スマートメーター活用サービスのシステム基盤開発--M2M/IoT企業にも提供

NO BUDGET

2015-06-16 17:58

 インターネットイニシアティブ(IIJ)は、スマートメーターを活用したサービスのシステム基盤を開発、6月16日から電力小売事業者などに「IIJスマートメーターBルート活用サービス」のトライアル環境の提供を開始した。機械間通信(Machine to Machine:M2M)モノのインターネット(Internet of Things:IoT)関連企業にも提供する。

 電力会社(一般電気事業者)が家庭やオフィス向けに設置を進めているスマートメーターの通信経路には、一般電力事業者が利用する“Aルート”とは別にデータの取得期間が短く、高精細な電力データを取得できる“Bルート”があり、今回のシステム基盤はBルートを活用したものとなる。Bルートを活用することで、スマートメーターを各戸に設置された電力センサとして活用、ほかのセンサデータと組み合わせることで、M2MやIoTを活用した新たなサービスやビジネスを創出できるとしている。

スマートメーターBルート活用サービスのシステムイメージ
スマートメーターBルート活用サービスのシステムイメージ(IIJ提供)

 今回トライアル提供を開始するサービスでは、以下のような構成のシステムを用いる。

  • サービスアダプタ製品「SA-W1」:スマートメーターの検針データをリアルタイムで取得し、連携するクラウドシステムと通信する
  • PMS(Power Metering System):SA-W1を遠隔から集中管理するマネージメントシステム「SACM(Service Adaptor Control Manager)」と、検針データを蓄積、管理するためのクラウド型自動検針システム「MDMS(Meter Data Management System)」で構成されるクラウド検針システム

 IIJでは、電力小売事業者だけではなく、電力データを利活用した新サービスの開発を目指す企業がトライアル環境を利用することで、電力小売自由化を契機とした、新たな市場の創造と拡大へとつながるとしている。すでに国際航業やテンフィートライトなど10社が利用を予定しており、IIJでは引き続きトライアル環境の利用申し込みを2016年3月末まで受け付けている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    マンガで解説、移行済みの担当者にも役立つ! Windows10移行&運用ガイド

  2. クラウドコンピューティング

    カギは物理世界とクラウドの接続あり!成果が出やすいIoT活用のアプローチを知る

  3. クラウドコンピューティング

    IoTにはこれだけのサイバー攻撃リスクが!まずはベストプラクティスの習得を

  4. セキュリティ

    エンドポイントの脅威対策をワンストップで提供 現場の負荷を軽減する運用サービス活用のススメ

  5. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]