編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

「AWS Mobile SDK for Xamarin」のプレビュー版がリリース

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-30 10:28

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間7月28日、「AWS Mobile SDK for Xamarin」のプレビュー版をリリースした。このソフトウェア開発キット(SDK)により、「Xamarin」を用いて開発したアプリから容易にAWSサービスを利用できるようになる。

 2014年10月からベータテストを実施し、フィードバックを収集していたAWS Mobile SDK for Xamarinは、このプレビュー版のリリースをもってベータ段階を終了したことになる。

 Xamarinは企業向けのモバイル開発者をターゲットとしており、「iOS」や「Android」「Windows」を搭載したデバイス向けのアプリの開発をC#で行えるようにするものだ。同SDKを用いることで開発者は、ID管理(「Amazon Cognito」)やオブジェクトストレージ(「Amazon Simple Storage Service(S3)」)、NoSQLデータベース(「Amazon DynamoDB」)、モバイルプッシュ通知(「Amazon Simple Notification Service」)、アプリ分析(「Amazon Mobile Analytics」)といったAWSのリソースをより容易に使用できるようになる。

 C#はWindows開発者に好まれる言語である点を考慮し、AWSはXamarinのSDKに対するサポートを、先にリリースしていた「AWS SDK for .NET」に追加した。これにより.NET開発者は、コードの記述やテスト、デバッグを、統合開発環境(IDE)の「Xamarin Studio」上や、Xamarinのプラグインを搭載したMicrosoftの「Visual Studio」上で行えるようになる。

 Xamarinは同社のブログで「AWS Mobile SDK for Xamarinにより、Xamarinを用いて開発したiOS向けやAndroid向けのネイティブアプリ内から、共通のC#コードベースを使ってこれらのAWSサービスを利用できるようになる。例を挙げると、『Amazon Cognito Cloud Sync』を用いて、アプリの状態を同期させることでデバイス間をまたがったシームレスなエクスペリエンスを実現したり、『Amazon S3』のクラウドストレージを用いて、重要なドキュメントやコンテンツに容易にアクセスできる」と述べている。

 Xamarinは、クラウド分野でしのぎを削る複数のベンダーと提携してきている。同社は過去2年の間にMicrosoftとの連携を強化し、Microsoftの「Portable Class Libraries(PCL)」や「Shared Projects」をサポートするほか、MSDNに加入している開発者に割引料金を適用するようにしている。

 またXamarinは7月に、Oracleとの提携を発表している。この提携により、Xamarinは企業向けのコアデベロッパーとの結びつきを強化でき、Oracleはモバイル開発に弾みをつけられるはずだ。

 Oracleとの提携では、XamarinがOracleのモバイルクラウドサービス向けに新たなSDKの開発を約束し、「Oracle Fusion Middleware」の顧客ベースにアクセスできるようになる一方、Oracleはモバイル開発者へのアクセスが容易になる。Xamarinによると、同社のプラットフォームは2014年11月時点で2万社以上の企業で採用されており、Fortune 500に名を連ねる企業も100社以上あるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    テレワークで起こりがちなトラブルの原因「資料が自宅から閲覧できない」にどう対処する?

  2. 経営

    CIOが成功するための最大の条件は「CEOとの連携」にあり?!516名のCIO調査を紐解く

  3. 経営

    【働き方改革事例】PCの調達・管理に関する不安を解決するサブスクリプションサービス

  4. クラウドコンピューティング

    【DX解説書】もっともDXに不向きな〇〇業界が取り組むべき改革とは?

  5. クラウドコンピューティング

    今すぐ「働き方改革」に着手するべき、2つの理由と改革への第一歩

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]