編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

AWS、MySQL互換データベースエンジン「Aurora」の一般提供を開始

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-07-29 11:25

 Amazon Web Services(AWS)は米国時間7月28日、同社の「Aurora」データベースエンジンの一般提供を開始したと発表した。

 AWSは2014年11月、広く利用されているオープンソースの「MySQL」データベースや、その他類似の商用データベースに取って代わる、低コストで高パフォーマンスな製品という位置付けでAuroraを発表し、そのプレビュー版を一部のリージョンで提供していた。

 Auroraは「Amazon Relational Database Service(RDS)」を通じて提供される。なおAmazon RDSはこの他にも、ホスト版のMySQLやMicrosoftの「SQL Server」「PostgreSQL」も提供している。

 AWSによると、Amazon RDSでMySQLインスタンスを使用している既存ユーザーは、「AWS Management Console」内で提供されているツールを用いてAuroraへ移行できるという。また同社によると、「MariaDB」や「Tableau」「Toad」「Webyog」「Navicat」「Talend」といったAmazon RDSのパートナーもAuroraと自社製品との連携を保証しているという。

 Auroraは従量制のプロプライエタリなサービスとなっており、1時間当たり29セントからという、オープンソース製品並みの価格となっている。

 Auroraは現在、US East(Northern Virginia)、US West(Oregon)、Europe(Ireland)という3つのリージョンで利用可能となっており、今後数カ月間で他のリージョンでも利用可能になるという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]