編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

「インターネットの自由という夢が滅びつつある」:Black Hat講演

John Fontana (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-10 11:23

 世界のネットワークの中央化、規制、グローバル化が進んでおり、インターネットの自由という夢は滅びつつある--ラスベガスで開催された年次カンファレンス「Black Hat USA」の講演で米国時間8月5日、Jennifer Granick氏がこう述べた。

 Stanford Center for Internet and Societyで市民の権利担当ディレクターを務めるGranick氏は、20年後のインターネットは当初の夢である自由やグローバルな対話を反映していないものになると予想した。

 「洗練され、堅苦しく、コントロールされ、閉鎖されたものになる」とGranick氏。

 最初にインターネットが設計されたときの重要な要素だった分散されたネットワークという考え方とともに、情報はアクセス可能であるべきだというハッカーの倫理も滅びつつあるという。そして、セキュリティとプライバシーを備えつつ言論の自由を可能にするネットワークという考えも滅びつつあるとのことだ。

 Granick氏は弁護士でもあり、インターネットの先駆者といわれるAaron Swartz氏の弁護をはじめ、インターネットが関連した事例を多く手がける。Granick氏は世の終わりを提唱しているのではない。約25年前に初めてインターネットを利用して以来、その可能性を熱心に信じており、情報が自由に手に入り、年齢、人種、性別、階級の制約を破るオープンなインターネットの信念を抱いてきた。

 今日のインターネットは以前ほどオープンではなく、中央化が進んでいるとGranick氏はいう。Facebookのような巨大なサイトがインターネットだと信じる人もいるからだ。そして、規制化も進んでいる。権利に関する法や手続きを持たない他の政府がインターネットの持つ力を利用しようとしており、米国の独占も薄れているという。

 Granick氏は、将来のインターネットは自由を提供するのではなく、既存の権力構造を補強するものとなるだろうと予想する。特にセキュリティ分野ではこの傾向が強いという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]