編集部からのお知らせ
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード
記事まとめ「テレワーク常態化で見えたこと」

「インターネットの自由という夢が滅びつつある」:Black Hat講演

John Fontana (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-10 11:23

 世界のネットワークの中央化、規制、グローバル化が進んでおり、インターネットの自由という夢は滅びつつある--ラスベガスで開催された年次カンファレンス「Black Hat USA」の講演で米国時間8月5日、Jennifer Granick氏がこう述べた。

 Stanford Center for Internet and Societyで市民の権利担当ディレクターを務めるGranick氏は、20年後のインターネットは当初の夢である自由やグローバルな対話を反映していないものになると予想した。

 「洗練され、堅苦しく、コントロールされ、閉鎖されたものになる」とGranick氏。

 最初にインターネットが設計されたときの重要な要素だった分散されたネットワークという考え方とともに、情報はアクセス可能であるべきだというハッカーの倫理も滅びつつあるという。そして、セキュリティとプライバシーを備えつつ言論の自由を可能にするネットワークという考えも滅びつつあるとのことだ。

 Granick氏は弁護士でもあり、インターネットの先駆者といわれるAaron Swartz氏の弁護をはじめ、インターネットが関連した事例を多く手がける。Granick氏は世の終わりを提唱しているのではない。約25年前に初めてインターネットを利用して以来、その可能性を熱心に信じており、情報が自由に手に入り、年齢、人種、性別、階級の制約を破るオープンなインターネットの信念を抱いてきた。

 今日のインターネットは以前ほどオープンではなく、中央化が進んでいるとGranick氏はいう。Facebookのような巨大なサイトがインターネットだと信じる人もいるからだ。そして、規制化も進んでいる。権利に関する法や手続きを持たない他の政府がインターネットの持つ力を利用しようとしており、米国の独占も薄れているという。

 Granick氏は、将来のインターネットは自由を提供するのではなく、既存の権力構造を補強するものとなるだろうと予想する。特にセキュリティ分野ではこの傾向が強いという。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    MITスローン編著、経営層向けガイド「AIと機械学習の重要性」日本語版

  2. クラウドコンピューティング

    AWS提供! 機械学習でビジネスの成功を掴むためのエグゼクティブ向けプレイブック

  3. クラウドコンピューティング

    DX実現の鍵は「深層学習を用いたアプリ開発の高度化」 最適な導入アプローチをIDCが提言

  4. セキュリティ

    ランサムウェアを阻止するための10のベストプラクティス、エンドポイント保護編

  5. セキュリティ

    テレワークで急増、リモートデスクトップ経由のサイバー脅威、実態と対策とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]