編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

「Windows 10」に対応した「Firefox」が正式リリース

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-12 08:14

 Mozillaは、Microsoftが「Windows 10」で「Edge」以外のブラウザを選択しにくくしているとして苦言を呈していたが、このブラウザ選択の問題に独自に対処した。

 米国時間8月11日に正式リリースされたWindows 10向けの「Firefox 40」では、Windows 10でFirefoxをデフォルトブラウザに戻すまたは選択する手段が示されている。

 Windows 10向けの新しいFirefoxは、一歩踏み込んだ処理を行う。Windows 10ユーザーが、タスクバーに組み込まれた「Cortana」検索ボックスを使用すると、その検索ボックスの内容に基づくウェブ検索では、デフォルトの「Bing」ではなく、「Firefoxで選択するデフォルト検索エンジンで結果を表示する」と、Mozillaは述べている。

 Windows 10向けFirefoxは、Microsoftの現時点でのEdgeと異なり、サードパーティー製アドオンをサポートする。ただし、Edgeも近いうちにアドオンをサポートする予定だと、Microsoft関係者らは述べている。Mozillaは、Mozilla認定のアドオンと非認定のアドオンを区別している。Mozilla非認定のアドオンは警告を表示するようになっており、将来的にはデフォルトで無効になる予定だ。

 新しいFirefoxは、ユーザーインターフェースを改善しており、デザイン要素がこれまでよりも大きくはっきりしたものになった。

 Windows 10に対応したFirefox 40は、Mozillaのサイトでダウンロードすることができる。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]