編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

セールスフォース、企業向けの「Apple Watch」新アプリ群を発表

Rachel King (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-08-12 12:07

 Salesforce.comは今週、「Apple Watch」向けの接続型アプリ群を発表し、自社のポートフォリオを強化した。

 「BetterWorks Wear」は、小売担当者や店員が腕に装着したウェアラブル端末上でチームや個人の売り上げ目標を更新でき、Bracket Labsの「TaskRay」は、メモをとってSalesforceのクラウドに直接送信できる。また、ClickSoftwareの「FieldExpert」は、フィールドサービス担当者がスケジュール、サービス要請、顧客情報を出先で更新できるようになっている。

 さらに今回のリリースは、モノのインターネット(IoT)のためのデータファブリックをアピールできる新たなチャンスとなる。Salesforceの20本以上のアプリの集合体はすべて、業界パートナーが「Salesforce Wear」開発者パックを使って「Salesforce1 Platform」上で構築したものだ。

提供:Salesforce.com
提供:Salesforce.com
提供:Salesforce.com
提供:Salesforce.com

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]