編集部からのお知らせ
PickUp! オンラインストレージの進化と課題
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード

残高、明細を手軽に確認できるアプリバンキング導入--静岡銀行

NO BUDGET

2015-08-13 07:00

 静岡銀行は、スマートフォン用公式アプリ「しずぎんSTATION」によるバンキングサービスを8月3日より開始した。iOS版は8月17日から。同行に口座を持つ顧客はアプリを無料で利用でき、残高、明細を手軽に確認できる。中継サービスを提供するOKIが8月12日に発表した。

 しずぎんSTATIONは、NTTデータの金融機関向けスマートフォンアプリ「アプリバンキング」を採用している。静岡銀行が3行目の導入とのこと。

 NTTデータでは、アプリバンキングにおいて、地方金融機関向け共同利用型インターネットバンキングサービス「AnserParaSOL-Lite」と接続し、スマートフォンとの間の通信を中継するサービスとしてOKIの「EXaaS スマートバンキングサービス」を採用した。

 EXaaS スマートバンキングサービスは、金融機関で稼働実績のあるOKIのウェブ中継サーバ技術を利用し、既存のインターネットバンキングサービスとスマートフォン、タブレット間の通信を中継することで、インターフェースの違いを吸収する。

 これにより、金融機関は既存システムへの開発コストや影響を抑え短期間、低コストでスマートフォン、タブレットのアプリを利用した利便性の高いサービスを提供できるようになる。


 また、同サービスは、OKIのクラウドサービスを利用することにより、短期間での初期投資を抑えたサービス導入と安心、安全、低コストでの運用が可能。金融機関での豊富な導入実績、既存システムへの影響の極小化、短期間、低コストでのシステム導入といった点が評価され、アプリバンキングに採用されたという。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]