手のひら静脈認証などを備えたマイナンバー対応PC--富士通マーケティング

NO BUDGET 2015年08月31日 17時58分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 富士通マーケティングは8月31日、マイナンバー対応製品として新たに「FUJITSU インフラ構築サービス AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」をラインナップに追加したと発表した。参考価格は税別29万8000円(3年間のハード、ソフトウェア保証とトラブル受付センター契約含む)で、10月1日より提供開始。販売目標は3年間で1万台。


「AZBOX マイナンバー業務システム連携PC」利用イメージ(例) (富士通マーケティング提供)

 同製品は、標準搭載の静脈認証により、手のひらをかざすだけでOSおよび人事給与システムへのログインが完了するなど、安全性と利便性が両立したPC環境を提供するもの。

 「FUJITSU Enterprise Application GLOVIA smart きらら人事給与」に加え、応研、OBC、PCAの人事給与パッケージシステムとして利用できる。必要なセキュリティ対策を事前にセットアップして提供するため、既存PCに同等の対策を施すより効率的かつ安価としている。

 2016年1月から開始されるマイナンバー制度に関連した「特定個人情報の適正な取扱いに関するガイドライン(事業者編)」における「技術的安全管理措置」で求められるセキュリティ要件を組み込んだ、マイナンバー業務用に最適なPCとしている。

 本製品の主な特徴は以下の通り。

手のひら静脈認証で人事給与システムに自動ログオン

 標準搭載された静脈認証により、手のひらをかざすだけで「なりすまし」チェックとOS、人事給与システムへのログインが完了するなど、利便性と安全性が両立した環境を提供。GLOVIA smart きらら人事給与やGLOVIA smartシリーズのほか、応研の「大臣」シリーズ、OBCの「奉行」シリーズ、PCAの「PCA」シリーズにも対応し、ユーザーが使い慣れたシステムを継続して使いつつ、セキュリティ対策も行うことができる。今後もニーズに応じて順次対応システムを追加する予定。

ガイドライン「技術的安全管理措置」で求められるセキュリティ要件に対応

 マイナンバーのガイドラインである「技術的安全管理措置」(「アクセス制御」「アクセス者の識別と認証」「外部からの不アクセスなどの防止」「情報漏えいなどの防止」)で求められているセキュリティ要件に対応したソリューションをセットアップ済みで、マイナンバー業務用のPCとして最しているという。

 「どのような対策をすればいいのか分からない」「どの商品を選んでいいかわからない」「社内にセキュリティに詳しい人材がいない」といったユーザーでも、一定レベルの対策を行える。

本製品に施されたセキュリティ対策と目的

  • 手のひら静脈認証(手のひら静脈センサー搭載):登録された担当者のみ操作を可能とし、「なりすまし」を防止、人事給与システムと連携してシングルサインオンが可能
  • マルウェア対策:既知のマルウェアに対応したセキュリティ対策
  • ふるまい検知:未知のマルウェアに対応したセキュリティ対策
  • USBポートの使用制限:USB経由でのデータの抜き取りによる情報漏えいを防止
  • URLフィルタリング:有害サイトによるウイルス感染を防止
  • Bluetoothおよび無線LAN使用制限:外部からの侵入、データ持出しを防止
  • マイクおよびWebカメラ使用制限:盗聴や盗撮による情報漏洩を防止
  • アクセスログ管理:万が一問題が起きた際に証跡調査が可能
  • ハードディスクの暗号化:紛失時の情報漏えいを防止
  • メール機能非搭載(Microsoft Office非搭載):標的型メール攻撃やマクロウイルスによる情報漏えいを防止

セットアップ済みシステムを安価に

 提供するセキュリティソリューションは、富士通マーケティングにて事前にセットアップして出荷するため、面倒な設定作業負荷を解消。そのため、既存PCへ同等の対策を行うより効率的かつ安価に導入することができる。また、3年間のハード、ソフトウェア保証に加え、トラブル時の連絡を一括で受け付けるコールセンターも設置しており、安心して使用することができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算