編集部からのお知らせ
新着PDF:商用5G活用を考える
テレワーク関連記事一覧はこちら

Cloudera、「Hadoop」の新セキュリティレイヤとストレージエンジンを発表

Doug Henschen (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-02 11:14

 米ニューヨークのジェイコブ・ジャヴィッツ・センターで「Strata + Hodoop World 2015」が開催された。開幕前の米国時間9月28日、Clouderaは「RecordService」と「Kudu」を発表した。

 RecordServiceは「Hadoop」の新しいセキュリティレイヤで、「MapReduce」「Apache Spark」「Cloudera Impala」など、Hadoop上で動くデータと分析エンジンに安全なアクセスを提供するものだ。Clouderaはすでに、アクセス制御の定義をサポートするセキュリティコンポーネント「Sentry」を提供しているが、RecordServiceはこれを補完するものとなり、列と行レベルまでアクセス制御が可能となる。RecordServiceはまた、ダイナミックデータマスキングもサポートするという。これは、RecordService APIにプラグインした任意の分析エンジンやフレームワークに統一的な制御機能を提供するものとなる。

 Kuduは、ClouderaがHDFSファイルシステムとHBaseデータベースを補完する目的で新たに開発したストレージエンジンだ。HDFSはボリュームレベルでデータを追加できるが、データの更新はできない。一方のHBaseデータベースはランダムな読み込みと書き出しをサポートするが、収集したデータを高速にスキャンニングする用途には向かない。Kuduはカラム型データストア機能をHadoopに加えるもので、不正利用の検出、広告の配置と配信、モノのインターネット(Internet of Things:IoT)タイプのアプリなどリアルタイム分析アプリケーションを狙う。

 RecordServiceとKuduはともに今週、ベータとして公開される。Clouderaは両オープンソースプロジェクトをApache Software Foundationに寄贈する予定だという。一般公開(GA)はフィードバックと必要な修正を基に決定する。ASFへの寄贈がいつになるのかは明らかにしていない。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]