編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

グーグル、HadoopとSpark向け管理サービス「Cloud Dataproc」のベータ版を公開

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-09-24 11:27

 GoogleがGoogle Cloud Platformを利用した新しいクラウドサービス「Cloud Dataproc」のベータ版を発表した。「Apache Hadoop」および「Apache Spark」を利用したデータ分析を簡素化するという。

 Cloud Dataprocはデータクラスタ管理を自動化したいというオープンソース開発者向けのサービスとなる。

 Google Cloud PlatformのプロダクトマネージャーJames Malone氏は、このサービスを発表したブログ記事で、「Cloud Dataproc自動化によりクラスタを迅速に作成し、容易に管理することができる。不要なときにクラスタをオフにできるため、コストを削減できる」とし、「管理に費やす時間とコストを削減し、自分の仕事とデータにフォーカスできる」と記している。

 同様のサービスはAmazon Web Services(AWS)、Microsoft Azureなどでも提供されており、Cloud DataprocによりGoogleは競合他社に追いつくにすぎない。Googleは、価格で競争力を維持しようとしている。

 Googleによると、企業は特別なソフトウェアや管理者の支援なしにSparkとHadoopクラスタを利用できるという。利用者は「Google Developers Console」「Google Cloud SDK」「Cloud Dataproc REST API」を利用して、クラスタとやりとりしてSparkやHadoopジョブを実行できる。使われていないクラスタをオフにすることで、不要なコストの発生を防ぐことができるという。

 Cloud Dataprocは「BigQuery」「Cloud Storage」「Cloud Bigtable」「Cloud Logging」「Cloud Monitoring」などのGoogleのクラウドサービスに統合されており、ベータ版ではSparkはバージョン1.5、Hadoopは2.7.1をサポートする。


この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]