編集部からのお知らせ
新型コロナ禍が組み替えるシステム
テレワーク関連記事一覧はこちら

ネットギアの一部ルータに深刻な脆弱性

Zack Whittaker (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2015-10-14 09:52

 セキュリティ研究者Joe Giron氏が個人的に使用しているNETGEAR製ルータの管理者設定が9月後半に改変され、「2〜3日の間」DNSトラフィックが転送されていたという。同氏がその様子をがBBCに語っている。

 このようなルータ設定の改変により攻撃者は、当該ルータのユーザーがどのサイトにアクセスしていたのかを追跡したり、中間者(MITM)攻撃を仕掛けてユーザーのアイデンティティを盗んだり、マルウェアを埋め込んだサイトにユーザーを誘導したりすることが可能になる。

 NETGEARはこの「深刻な脆弱性」について認識しているものの、影響を受けるデバイスは5000台未満であるとも述べている。

 この問題を再現、確認したShell Shock Labsによると、少なくとも9機種のルータに影響があるという。NETGEARは米国時間10月12日に、パッチを適用したファームウェアをリリースしている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]