編集部からのお知らせ
New! 記事まとめ「ISMAP-LIU」
話題の記事まとめ「通信障害と社会リスク」
海外コメンタリー

AMDを救うのは「Zen」かアップルか - (page 3)

Jack Schofield (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2015-11-04 06:45

 いずれにせよ、AppleにとってAMDの買収には以下の5つのメリットがあるはずだ。

  1. 既製のIntelプロセッサを使うのではなく、自社で独自設計したx86互換SoCを使用できるようになる。
  2. 「FirePro」のような先進的なグラフィックスチップ設計を使用できるようになる(AMDは2006年に54億ドルでATIを買収している)。
  3. Zenと並行して開発された、開発コード名「K12」という先進的なARMチップを入手できる。
  4. AMDの保有する膨大な特許ポートフォリオが手に入る。
  5. 自社の命運をよりしっかりと統制するという、Appleが重視している価値を手にできるようになる。

 AMDの損失が増えていくのであれば、向こう12〜24カ月以内に救世主を探す羽目になるはずだ。Appleにとって買収は造作もないことだろう。Appleは累計総額にして2000億ドルもの現金を持っており、今後の2年でその現金はさらに増えるはずであるため、金額差は桁違いと言えるだろう。

 Appleは、筆者の知る限りAMDを買収する計画を有していないが、それでもこれは興味深い思考実験になるだろう。Qualcommによって買収されるよりもずっと面白い世界が展開するはずだ。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    SASEのすべてを1冊で理解、ユースケース、ネットワーキング機能、セキュリティ機能、10の利点

  2. 運用管理

    ノーツを蘇らせた老舗メーカーの取り組み―Nomadの活用で働き方が変わり生産性・従業員満足度が向上

  3. 経営

    二人の先駆者が語る経営×IT--デジタル活用・DX推進のリーダーが握る企業競争力

  4. 経営

    3人の識者による金言・アドバイス--時代に負けない骨太な組織作りへの道

  5. コミュニケーション

    日本企業が利用する代表的なグループウェアを徹底比較―グループウェア選定のポイントとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]