グーグル、機械学習システム「TensorFlow」をオープンソース化

Larry Dignan (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部 2015年11月10日 07時52分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 Googleは米国時間11月9日、機械学習システム「TensorFlow」をオープンソース化し、計画の概要を示した。

 TensorFlowは、「Google Photos」や「Google Translate」といったGoogleのアプリケーションのほか「Smart Reply」や検索などの機能で使用されている。

 Googleは、TensorFlowを使用してニューラルネットワークの学習時間短縮や製品の改善を実現しているが、開発者らの取り組みを促進したいと考えている。GoogleはTensorFlowをオープンソース化することで、同社の機械学習システムがより広く採用されるようになることを期待している。

 Googleは次のように述べている

TensorFlowをオープンソース化することで、学術研究者からエンジニア、趣味として取り組むユーザーまで、あらゆる人々の機械学習コミュニティーが、研究論文よりも動作するコードを介してアイデアを格段にすばやく交換できるようになると期待している。これが機械学習に関する研究の促進につながり、最終的に技術がすべての人々にとってより適切に機能するものになるだろう。さらに、TensorFlowの応用分野は機械学習だけにとどまらない。タンパク質のフォールディングから宇宙データの処理にいたるまで、非常に複雑なデータの解明に取り組むあらゆる分野の研究者らにとって有用であるかもしれない。

計画の主な内容は以下のとおり。

  • 今回オープンソース化されるTensorFlowは、個々のコンピュータやスマートフォンに対応する。
  • TensorFlowは、CPU、GPU、デスクトップ、サーバ、モバイルコンピューティングプラットフォームで動作するように設計されている。
  • TensorFlowは、Apache 2.0ライセンスで公開される。
  • Googleは、同システムの仕組みを説明する一連のチュートリアルとデータフローグラフを公開している。
データフローの様子
データフローの様子

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算