ITサポート担当者の髪がなくなる10の理由

Jack Wallen (TechRepublic) 翻訳校正: 編集部 2015年12月05日 06時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 PCのサポートという分野で働くことは、一般的な仕事やキャリアで働くこととは違う。確かにやりがいは大きい。しかし、ひどく疲労させられる点が多く、大変でもあるのだ。多くの人が筆者に連絡してきて自分の話を語ってくれた。その全ては、比喩的に(または文字通り)自分の髪を引っこ抜きたくなるようなものだ。

 ITやPCのサポートという仕事をしていれば、すぐに辞めたくなるような状況を経験することがあるだろう。それは、どのような状況だろうか。ここでいくつかを取り上げ、あなたの髪に白い筋を生み出すようなものがないかを見てみよう。


提供:Jack Wallen

1:午前3時にかかってくる電話

 「サーバがダウンした!サーバがダウンした!!」。おそらく経験したことがあるだろう。あなたは布団にくるまり、安全な場所の夢を見ている。足元の温かい砂、またはお気に入りの小道を囲む松の木……。そしてあの味気ない呼び出し音が、夢の世界から引き戻す。回線の向こう側では、会社の経営者かIT部門のトップが、サーバがダウンしたからASAP(なる早)で行って問題を解消しろと命令する。午前3時に、だ。

2:文句を言うエンドユーザー

 このようなユーザーは実在し、本当に厄介だ。ユーザーが抱えている問題を解決しようとすると、その解決法に文句を言う。なだめようとすると、態度が偉そうだと責めたてる。あなたがやりたいのは、ユーザーが無くした文書を見つけたり、「Internet Explorer」にインストールしてしまったクーポンのアドオンを削除したりするのを手伝い、解放されることだけだ。しかし、それは不可能だ。文句を言うエンドユーザーは、このようなやり方をしない。彼らは口論を吹っかけ、細かいことをいちいち気にして、作業を終えるのに本来必要な時間の3~4倍もの時間を奪っていくのだ。

3:しつこいプリンタの障害

 あなたは重要な仕事を抱えている。とても重要な仕事だ。しかし、サーバの移行やセキュリティの強化、アップデートの適用をする日々の中で、プリンタの世話までしなければならない。プリンタがいかに面倒なものになるか、またプリンタに費やす時間がいかに長いかには、いつも驚かされる。他のいかなるテクノロジも、ここまで「グレムリン」的ではない。エンドユーザーがプリンタについて口にするたびに、IT担当者は精神的ダメージを負っている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

連載

CIO
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算